ステップ 3: フォークをクローン
ステップ 5: Bitbucket でプルリクエストを作成する

ステップ 4: フォークに変更を適用

ローカルクローンを持つことが可能になりました。変更を行うには、初めに Mercurial/Git クライアントの正しいブランチに移動し、正しいバージョンのソースコードにアクセスします。それから、変更できます。

例の中で、Unity Test Tools リポジトリは新規で stable ブランチに 1つしかコミットがありません。以下は明示的にそのバージョンにアップデートする例です。

ソースコードの正しいバージョンにアクセスできたら、適切な変更を加えることができます。Mercurial/Git クライアントに戻ると、ファイルを変更したことが検出されます。

Working Copy ビューで変更点を見ることができます。Commit をクリックしてこれらの変更点をコミットします。

次に、変更を push します。クライアントは、push されるのを待機中の変更の数を表示します。

変更をプッシュするために Push をクリックしてください。

ステップ 3: フォークをクローン
ステップ 5: Bitbucket でプルリクエストを作成する