Unity Analytics 5.1 から 5.2 以降へのアップグレード
Project ID が一致しない場合

Unity Analytics:SDK の 5.1 への再統合

注)2015 年 9 月 8 日以前に Analytics を統合した 5.1 プロジェクト Unity Analytics SDK がバージョン 4.x–5.1 に対応しました。以前の 5.1 インテグレーションの、“PlayerSettings” の ProjectID をコピー&ペーストする方式は使用できますが、いずれ非対応になります。詳細は Analytics Forum を参照してください。

この手順は 3 つのステップから成ります。

  1. 既存の Unity Analytics Project ID の削除

  2. Unity Analytics の再統合

  3. 高度なインテグレーションイベントの更新

  4. 既存の Unity Analytics Project ID の削除


Unity エディター 5.1 を開き、既存の Analytics プロジェクトを選択します。Player Settings で Cloud Project ID を見つけてください。 Edit->Project Settings->Player と選択して Player Settings を開きます。 Cloud Project ID を削除してください。

  1. Unity Analytics SDK の統合

旧 Unity Analytics (SDK ワークフロー) の手順に従ってください。

  1. 高度なインテグレーションイベントの更新

既存の高度なインテグレーションを以前行ったことがある場合は、更新された 4.x–5.1 SDK シンタックスを使用するための名前空間とコールに関しても更新を行う必要があります。更新方法は 高度なインテグレーション を参照してください。

更新を行うには、高度なインテグレーション (SDK) を参照してください。

Unity Analytics 5.1 から 5.2 以降へのアップグレード
Project ID が一致しない場合