Unity Analytics と EU の一般データ保護規則 (GDPR)
Analytics 指標、セグメント、用語

Unity Analytics DataPrivacy API

The DataPrivacy class configures the Unity Analytics service based on the player’s data privacy management choices.

NAMESPACE: UnityEngine.Analytics

    public class DataPrivacy

The DataPrivacy class automatically fetches the player’s data privacy status and configures the Analytics service accordingly.

FetchPrivacyUrl() 関数を使用して、プレイヤーの個人データ管理ページの URL を取得します。URL を開いて、プレイヤーにデータのプライバシー設定を管理するオプションを提供します。

This page details the following functions:

Initialize()

Data Privacy API を使用するための準備をします。

Declaration

    public static void Initialize()

説明

This function creates a hidden GameObject and adds an instance of the DataPrivacy class to it as a component.

On Unity 5.1 or earlier, call Initialize() early in your application startup (ideally, right after you call UnityAnalytics.StartSDK (projectId). Newer versions of Unity call Initialize() automatically.

FetchPrivacyUrl(Action<String>, Action<String>)

プレイヤーの個人データ管理ページの URL を取得します。

Declaration

    public static void FetchPrivacyUrl(Action<string> success, Action<string> failure = null)

Parameters

  • Action<String> success — URL が正常に取得されたときに呼び出される Action オブジェクト。 Action に渡される文字列に URL を含みます。

  • [オプション ] Action<String> failure — URL を取得できない時に呼び出される Action オブジェクト。Action に渡される文字列に失敗した理由を含みます。

説明

Open the URL passed to your success function in a browser or webview to give the player the opportunity to manage their data protection options. You can use Application.OpenURL() to open the page.

URL は短期間有効であるため、常に、開く直前に取得するようにしてください。


  • 2018–11–05 限られた 編集レビュー でパブリッシュされたページ

  • Data Privacy ボタンを加えるエディターメニューを削除。Data Privacy Button プレハブを追加

  • New feature in Unity 2018.1.

  • Removed FetchOptOutStatus function in 2018.3.

Unity Analytics と EU の一般データ保護規則 (GDPR)
Analytics 指標、セグメント、用語