Project ID が一致しない場合
Unity Analytics と EU の一般データ保護規則 (GDPR)

児童オンラインプライバシー保護法 (COPPA) コンプライアンス

児童オンラインプライバシー保護法 (COPPA) は Children’s Online Privacy Protection Act の略です。 COPPA には、「13歳未満の子供向けのアプリケーション」(「子供向けアプリ」)の事業者に対する特定の義務が含まれています。アプリケーションが子ども向けかどうか、または、COPPA についてその他の質問がある場合は、米国連邦取引委員会から提供された資料を参照し (一部はこちらで見られます。COPPA FAQ) 、法律顧問に相談してください。

Unity Analytics は、「子供向けアプリ」として指定したアプリケーションから収集したデータを、他のアプリケーションから収集したデータとは異なる方法で扱います。アプリケーションが「子供向けアプリ」の場合は、Unity Ads パブリッシャーダッシュボードのプロジェクトの作成プロセスを通して、または Unity Ads パブリッシャーダッシュボードのプロジェクトの概要ページを通して、エディターのサービスパネルでそのアプリケーションを指定する必要があります。

ゲームの分析を行うために、Unity Analytics はゲーム内の各ユーザーに匿名化されたユーザー ID を生成します。、「子供向けアプリ」から生成されたこれらの ID は、他の開発者が作成したアプリケーションにまたがってユーザーを追跡したり、同じコンピューター上の異なるサービス、デバイス、またはブラウザ間でユーザーをマッピングすることには使用されません。これらの ID に加えて、Unity Analytics は、「子供向けアプリ」ユーザから、以下の個人情報を収集します。IP アドレス、広告掲載ID (IDFA。Unity Ads も有効な場合にのみ収集されます)、端末識別番号 (IDFV、Android デバイス ID、または、Android デバイス ID が利用不可の場合は IMEI)。

Unity の上記の個人情報の使用は、アプリケーションの開発者向けにアプリケーションレベルの分析機能を提供し、デバイス、アプリ、ゲーム業界に関する匿名化された集計レベルの情報を分析および報告することに限定されています (例えば、地域別の特定のデバイスのパーセンテージ)。この集約レベルのデータには個人情報は含まれていません。また、「子供向けアプリ」で Unity Ads を有効にすると、Unity はその「子供向けアプリ」から Unity Analytics によって収集されたユーザーに関する情報を使用して、その「子供向けアプリ」内にコンテキスト広告を表示することがあります。


Project ID が一致しない場合
Unity Analytics と EU の一般データ保護規則 (GDPR)