Version: 2018.4
Bloom
Color Grading

Chromatic Aberration

Chromatic Aberration (色収差) エフェクトは、カメラのレンズがすべての色を 1 つの点に収束しないことによって生成される現実世界の現象を模倣します。結果として得られるエフェクトは、画像の濃淡部分を区切る境界に沿って色の “フリンジ” を作成します。

色収差の一般的な使用には、カメラの印象の強化や酩酊状態の視覚を表す芸術的な効果が含まれます。Unity は赤/青、と緑/紫、のフリンジをサポートし、入力テクスチャを使用してフリンジ色を定義することができます。

色収差なしのシーン
色収差なしのシーン
色収差を使ったシーン
色収差を使ったシーン

Unity の Chromatic Aberration エフェクトの詳細は、Post Processing パッケージのドキュメント Chromatic Aberration を参照してください。


  • 2019–05–07 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • 5.6 の新機能

Bloom
Color Grading