Version: 2018.4
Tags and Layers
Time

Audio

Audio 設定 (Edit > Project Settings を選択し、Audio カテゴリを選択) で、シーンで再生されているすべての音の最大音量を微調整できます。

Audio 設定
Audio 設定
プロパティー 機能
Global Volume 再生中のすべての音の音量を設定します。
Volume Rolloff Scale 対数的なロールオフに基づくソース のグローバルな減衰ロールオフ係数を設定します。値が高いほど、音量が早く減衰します。逆に、値が低いほど遅く減衰します。
ヒント: 値 1 は “現実世界” をシミュレートします。
Doppler Factor ドップラー効果を調整します。0 を使用すると無効になります。1 を使用すると高速で動くオブジェクトに聞こえるようにします。
ヒント: Doppler Factor を 1 に設定した後、Speed of SoundDoppler Factor の両方を微調整できます。
Default Speaker Mode プロジェクトのデフォルトにするスピーカーモードを設定します。デフォルトは Stereo で、ステレオスピーカーに対応します。モードの完全なリストは、AudioSpeakerMode スクリプトリファレンスを参照してください。
注意 スピーカーモードは、スクリプトを通してランタイムに変更することもできます。詳細は AudioSettings を参照してください。
System Sample Rate サンプルの出力レートを設定します。0 に設定すると、Unity はシステムのサンプリングレートを使用します。
注意: iOS や Android などの特定のプラットフォームはサンプルレートを変更できるため、これは、参考としてのみの機能です。
DSP Buffer Size 遅延やパフォーマンスを最適化するために DSP バッファのサイズを設定します。
Default デフォルトのバッファサイズ
Best Latency パフォーマンスよりも遅延を優先します。
Good Latency 遅延とパフォーマンスの釣り合わせます。
Best Performance 遅延時間よりもパフォーマンスを優先します。
Max Virtual Voices オーディオシステムが管理する仮想音声の数を設定します。この値は、常にゲームで再生される音の数よりも大きくする必要があります。そうでない場合は、コンソールに警告が表示されます。
Max Real Voices 同時に再生できる音の数を設定します。毎フレーム、音量の大きい順から再生されます。
Spatializer Plugin 3D ソースの空間フィルタリングを行うネイティブオーディオプラグインを選択します。
Ambisonic Decoder Plugin ソースをアンビソニックスからバイノーラルへフィルタリングするネイティブのオーディオプラグインを設定します。
Disable Unity Audio スタンドアロンビルドでオーディオシステムを非アクティブにできます。これは MovieTexture のオーディオにも影響することに注意してください。
エディターでは、オーディオシステムはまだオンのままであり、オーディオクリップのプレビューをサポートしますが、Unity は、スタンドアロンビルドの動作のシミュレーションを行うために AudioSource.PlayAudioSource.playOnAwake の呼び出しを処理しません。
Virtualize Effect これを有効にすると、CPU を節約するために省くオーディオソース上の効果とスペーシャライザーを動的にオフにします。
Tags and Layers
Time