Version: 2018.4
2D
2D ソート

2D ゲーム

3D 向けの機能が有名ではありますが、Unity は 2D ゲームの制作にも活用することができます。使い慣れたエディターの機能をこれまで通り使用することもできますし、2D の開発を容易にする便利な追加機能もあります。

シーンは 2D モードで表示されています
シーンは 2D モードで表示されています

一番目を引く機能は シーンビューのツールバーにある 2D ビューモードボタンです。2D モードが有効な時は、平行投影な (遠近法ではない) 見た目に設定されます。具体的には、カメラは Y 軸の目盛りの大きい方を上に向け、Z 軸に沿って見ています。これによってシーンと 2D オブジェクトの位置が簡単に可視化できます。

すべての 2D コンポーネントのリスト、2D と 3D 間の変換方法、2D と 3D の異なるモード設定などに関しては、2D/3Dプロジェクト を参照してください。

2D グラフィックス

2D におけるグラフィックオブジェクトは Sprites (スプライト) です。スプライトは本来、単なる標準的なテクスチャですが、開発中の効率性や便宜性のために、スプライトテクスチャの結合や管理には特別な技術が使われています。Unity には大きな画像からスプライトグラフィックスを取り出して使えるように、ビルトインの スプライトエディター を備えています。これにより、画像エディター内の 1 つのテクスチャ内にある大量の画像コンポーネントを編集することができます。これを使うことで例えば、 1 つの画像内で、あるキャラクターの腕、脚や体を分離された要素として保有しておくことなどができます。

スプライトは 3D のオブジェクトで使用される Mesh Renderer ではなく、Sprite Renderer コンポーネントによって描画されます。このコンポーネントを Components メニューから (Component > Rendering > Sprite Renderer を選択、または Sprite Renderer を設定したゲームオブジェクトを直接作成することもできます (GameObject > 2D Object > Sprite)。

さらに、Sprite Creator ツールを 2D 画像のプレースホルダーを作るために使用できます。

2D 物理演算

Unity には 2D のみのための最適化を行うために、2D の物理演算を扱う独立した物理エンジンがあります。コンポーネントは RigidbodyBox ColliderHinge Joint といった標準的な 3D の物理コンポーネントに対応していますが、名前に “2D” が含まれています。そのため、スプライトには Rigidbody 2DBox Collider 2DHinge Joint 2D といったものが備わっています。ほとんどの 2D 物理演算コンポーネントは、3D で同じ性質を持つものを単に “平面化” したものです (例えば、Box Collider はキューブ型である一方で、Box Collider 2D は正方形です)。しかし、いくつかの例外もあります。

2D 物理演算を使ったコンポーネントのすべてのリストは、2D/3D プロジェクト を参照してください。2D 物理演算の概念とコンポーネントの詳細は、マニュアルの Physics を参照してください。2D 物理演算の設定を行うには、Physics 2D ウィンドウを使用します。


2D
2D ソート