Version: 2018.4
Unity XCode プロジェクトの構造
iOS ハードウェアガイド

iOS スプラッシュスクリーンのカスタマイズ

Unity Personal をサブスクリプション契約の場合は、ゲームがロードされている間デフォルトのスプラッシュスクリーンが表示されます。これは Player 設定の Default Screen Orientation オプションに基づいています。このスプラッシュスクリーンは変更できません。

Unity Pro サブスクリプションのユーザーはスプラッシュスクリーンを変更できます。プロジェクトのすべてのテクスチャをスプラッシュスクリーンとして使用できます。

テクスチャのサイズはターゲットデバイスによって異なります。

  • 第 1–3 世代デバイス 320x480 ピクセル
  • iPad mini/iPad 第 1、2世代 1024x768
  • iPad 第 3、4世代 2048x1536
  • iPhone/iPod デバイス 第 4世代 640x960
  • 第 5 世代デバイス 640x1136
  • 第 6 世代普通モデル 640x1136
  • iPhone Plus モデル 1242x2208
  • iPhone X モデル 1125x243

指定したテクスチャは必要に応じて拡大縮小されます。

スプラッシュスクリーンのテクスチャは iOS Player 設定で設定できます。


Unity XCode プロジェクトの構造
iOS ハードウェアガイド