Version: 2018.4
Screen Space Reflection
Unity で HDR レンダリング

Vignette

Vignette ( ビネット) エフェクトは画像のエッジを暗くし、画像の中央を明るくする効果です。現実世界の写真では、この効果は厚いフィルターや重ねたフィルター、補助レンズ、不適切にレンズフードを使用することにより発生します。画像の中心に注目を集めるため、などの芸術的な効果を出すために使用します。

ビネット無しのシーン
ビネット無しのシーン

ビネットを使ったシーン 

Unity は、ClassicMasked の 2 つのビネットモードを提供しています。Unity で ビネット エフェクトを使用する方法については、Post Processing パッケージの Vignette のドキュメントを参照してください。


  • 2019–05–07 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • 5.6 の新機能

Screen Space Reflection
Unity で HDR レンダリング