Version: 2018.4
Collaborate で Cloud Build を有効化
ファイルを元に戻す

Unity エディターのバージョンの管理

Unity Collaborate は、自分が行った更新のパブリッシュに使用した Unity のバージョンが、Collab History ウィンドウに表示されている最近の更新に使用された Unity のバージョンと一致しているかを検証します。バージョンが一致しない場合は、Unity は以下の警告を表示します。

Your version of Unity has changed. This will impact other members of this project.

機能や性能に矛盾が出ないように、すべてのチームメンバーは同じバージョンの Unity エディターを使用する必要があります。さらに、チームメンバーが以前のバージョンの Unity で行ったプロジェクトをより新しいバージョンで開くと、Unity はプロジェクトファイルを新しいバージョンに更新します。これらのファイルは、以前のバージョンの Unity と互換性がない場合があります。

新しいバージョンの Unity が利用可能になるときに、チームのすべてのメンバーが同時にアップグレードすることが重要です。

Unity プロジェクトのアップグレードによる影響については アップグレードガイド を参照してください。

Collaborate で Cloud Build を有効化
ファイルを元に戻す