Version: 2018.4
xR SDK
Google VR のハードウェアとソフトウェア要件

Google VR

Google VR は Google DaydreamGoogle Cardboard の両方の背後にある技術です。Google VR には、スマートフォン、ヘッドマウントビューアーとコントローラー、スタンドアロンヘッドマウントディスプレイとアプリケーションのサポートが含まれます。Google VR は “SDK for Unity” を提供しており、この豊富なデバイスエコシステムの VR コンテンツを作成することができます。

Google VR 技術には、Daydream が含まれます。Daydream は高品質のモバイル VR と Cardboard 用のプラットフォームで、手頃な VR 体験と 360 ビデオ向けに構築されています。Daydream は、Daydream 対応の携帯電話、ヘッドセット、コントローラー、体験から成り、Daydream を通じてハイエンド Android モバイルデバイスをサポートします。Daydream がサポートするデバイスの全リストは、Google VR ウェブサイトを参照してください。Cardboard は、iOS と Android のほぼすべてのスマートフォンで使用できます。

Google Cardboard は最も使いやすいモバイル VR ソリューションで、iOS や Android スマートフォンを持つすべてのユーザーが VR アプリケーションを使用できます。Cardboard を使用するには、最低限の推奨される要件がありますが、Daydream よりハードウェアに拘束されるものが少なく、主にオペレーティングシステムや基本的な制御システム (ジャイロスコープ など) により異なります。ユーザーは公式の Google Cardboard ビューア、または Google VR コンテンツをサポートするサードパーティの VR ビューアで VR アプリケーションを体験できます (ハードウェアとソフトウェア要件のセクションを参照)。Cardboard は、より複雑なインタラクションを必要とするアプリケーションのために、さまざまなサードパーティのハンドヘルドコントローラーもサポートしています。

Daydream を使うと Cardboard よりも多くの豊富な体験が可能ですが、Daydream 対応のデバイスだけしかサポートしません。それは例えば、高解像度ディスプレイ、スムーズなグラフィックス、正確なヘッドトラッキング用の忠実度の高いセンサーなどによる VR のために作られたDaydream 対応のスマートフォンなどです。Daydream スマートフォンのアプリケーションは、Daydream 対応スマートフォンを使用して、Daydream View、Google のヘッドセット、高品質の VR を体験するためのモーションコントローラーでアクセスできます。Daydream は、元々設計した製造業者が開発した Daydream Standalone HMD もサポートします。Daydream Standalone は、より豊富なコントローラー入力やモーショントラッキングを含む、Android OS 上で実行される制限なしのヘッドマウントディスプレイです。

Cardboard と Daydream の要件と機能の詳細は、Google の VR に関するドキュメント を参照してください。


  • 2018–03–27 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • Unity XR API の Google VR ドキュメントは 2017.3 に更新

xR SDK
Google VR のハードウェアとソフトウェア要件