Version: 2018.4
混合ライティング 
Shadowmask モード

Baked Indirect モード

Baked Indirect (ベイクした間接) モードは、シーン内のすべての混合ライトで共有されるライティングモードです。混合ライトを Baked Indirect モードに設定するには、Lighting ウィンドウを開き (Window > Rendering > Lighting Settings)、Scene タブをクリックし、Mixed Lighting に移動します。そこで Lighting ModeBaked Indirect に設定します。このライティングモードの詳細は、混合ライト を参照してください。その他の利用可能なモードについては ライティングモード のドキュメントを参照してください。

Baked Indirect モードに設定されているライトの場合、Unity は間接光のみを事前に計算し、影の事前計算は行いません。影は Shadow Distance (Edit > Project Settings > Quality > Shadows > Shadow Distance) の範囲内では、完全にリアルタイムです。つまり、Baked Indirect モードのライトは、間接光を追加した リアルタイムライト のように動作しますが、Shadow Distance を超えると影を作りません。ポストプロセスのフォグエフェクト のようなエフェクトを使用すると、その距離を超えて欠けている部分の影を隠すことができます。

Baked Indirect モードの良い使用例は、廊下でつながる複数の部屋内でのシューティングゲームやアドベンチャーゲームを作成する場合です。 視距離は限られているので、見えるものはすべて通常は Shadow Distance 内に収まります。 このモードは、霧を使って離れた場所の欠けた影を隠すことができるので、霧のかかった屋外のシーンを構築するのにも役立ちます。

以下の表は、 Baked Indirect モードを使用するとき、静的ゲームオブジェクトと動的ゲームオブジェクトがどのように影を投げる/受けるかを示しています。

動的なオブジェクトが影を受ける
動的ゲームオブジェクトが他の静的/動的なゲームオブジェクトから影を受ける
静的なオブジェクトが影を受ける
静的ゲームオブジェクトが他の静的/動的なゲームオブジェクトから影を受ける
Shadow Distance 範囲内 Shadow Distance を超える場合 Shadow Distance 範囲内 Shadow Distance を超える場合
動的なオブジェクトが影を投影
動的ゲームオブジェクトから影を投げる
シャドウマップ - シャドウマップ -
静的なオブジェクトが影を投影
静的ゲームオブジェクトから影を投げる
シャドウマップ - シャドウマップ -

Baked Indirect モードの長所と短所

Baked Indirect モードのパフォーマンス要件は、平均的な PC やハイエンドのモバイルデバイス向けのビルドに適しています。 以下は、Baked Indirect モードを使用する際の最も重要な長所と短所です。

長所

  • リアルタイムライティング と同様の視覚的効果を提供します。
  • 静的および動的ゲームオブジェクトのすべての組み合わせに対してリアルタイムの影を作成します。
  • 間接光を提供します。

短所

  • Unity は、投影する静的なゲームオブジェクトをシャドウマップにレンダリングするため、他の 混合ライト モードに関して、より高いパフォーマンス要件を必要とします。
  • Shadow Distance を超えると影はレンダリングされません。

  • 2017–06–08 限られた 編集レビュー でパブリッシュされたページ

  • Light Modes、 5.6に追加

混合ライティング 
Shadowmask モード