Google VR のリソースとトラブルシューティング
Vuforia のハードウェアとソフトウェア要件

Vuforia

Vuforia はクロスプラットフォームの拡張現実 (AR) と 混合現実 (MR) アプリケーション開発プラットフォームで、さまざまなハードウェア (モバイルデバイスや Microsoft HoloLens などの混合現実ヘッドマウントディスプレイ (HMD) などを含む) で堅牢なトラッキングとパフォーマンスを実現します。Unity と Vuforia のインテグレーションにより、ドラッグアンドドロップのオーサリングワークフローを使用して、Android や iOS 用のビジョンアプリケーションやゲームを作成することが可能になりました。このプラットホームの最も重要な機能を紹介する便利なサンプル付きの Vuforia AR+ⅤR Sample パッケージ は Unity アセットストアで入手できます。

Vuforia は、多くのサードパーティ製のデバイス (AR/MR グラスなど)、背面にカメラがある VR デバイス (Gear VR など) にも対応しています。サポートされているデバイスすべての一覧は、Vuforia ページを参照してください。SDK で使用されるクラス、プロパティー、関数の詳細は、Vuforia API Reference を参照してください。

カメラ付きの任意のデバイスを使用して、 Vuforia を使い Unity でビルドされた AR/MR ゲームやアプリケーションをテストできます。

重要な概念

Vuforia とサポートされる機能について詳しく学ぶ前に、多くの重要な概念を理解する必要があります。これらの中には、Vuforia アプリケーションで一般的に使用されるトラッキングとマーカーの形式があります。

マーカーベースのトラッキング

AR や MR では、マーカーはアプリケーションに登録された画像やオブジェクトで、アプリケーションで情報のトリガーとなります。デバイスのカメラが、AR や MR アプリケーションの実行中に現実世界でこれらのマーカーを認識すると、カメラビューのマーカーのワールド位置に仮想コンテンツが表示されます。マーカーベースのトラッキングでは、QR コード、物理反射マーカー、画像ターゲット、2D タグなど、さまざまな種類のマーカーを使用できます。ゲームアプリケーションでもっともシンプルで一般的なタイプのマーカーは画像ターゲットです。

一般的な画像ターゲットタイプ
一般的な画像ターゲットタイプ

画像ターゲット

画像ターゲットはマーカーベースのトラッキングで使用される特定の種類のマーカーです。これらは、手動でアプリケーションに登録する画像で、仮想コンテンツを表示するトリガーとして機能します。画像ターゲットには、複雑な輪郭を持つ明確な形状を含む画像を使用します。これにより、それらを画像認識や認識するための追跡アルゴリズムを容易にします。

マーカーレストラッキング

マーカーレストラッキングを使用するアプリケーションは、一般的に、位置ベース、または位置ベースの AR/MR です。このような追跡は、GPS、加速度センサー、ジャイロスコープ、より複雑な画像処理アルゴリズムなどの技術に依存して、仮想オブジェクトや情報を環境に配置します。VR ハードウェアとソフトウェアは、これらのオブジェクトをあたかも特定の現実世界の場所やオブジェクトに固定や接続されているかのように扱います。


  • 2018–03–28 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • Vuforia ドキュメンテーションの Unity XR API に関し 2017.3 で更新

Google VR のリソースとトラブルシューティング
Vuforia のハードウェアとソフトウェア要件