Version: 2020.2
オフラインドキュメンテーション
検証済みパッケージ

パッケージ

パッケージには、プロジェクトのさまざまなニーズに合わせた機能が含まれています。これには、エディターと共にインストールされる Unity のコア機能や、必要に応じてインストールできるその他のパッケージが含まれます。

パッケージの一般的な使用方法については、Package Manager について を参照してください。

特定のパッケージに関するドキュメントや情報の検索のみに興味がある場合は、検証済みパッケージプレビュー版パッケージビルトインパッケージ のページのリンクをクリックしてください。キーワードでパッケージを検索するには、キーワードでパッケージを探す のページを参照してください。

Unity の パッケージマネージャー (Package Manager) によるパッケージの利用に関しては、さまざまなトピックへのリンクを以下の表にまとめています。

希望するアクティビティ こちらのドキュメントを参照してください
パッケージの基本を知りたい 概念 セクションでは、バージョン、マニフェスト、レジストリ、ステート、ソース、パッケージのライフサイクルなどの基本的な概念や、依存関係と解決 など、Package Manager の原理と機能について説明しています。

パッケージの検索 では、Package Manager ウィンドウを使用して、以下のことを行う方法について説明しています。

- 各パッケージの特定のバージョンの検索
- プロジェクトにインポートまたはダウンロードできる Asset Store パッケージの検索

Package Manager ウィンドウ セクションでは、Unity 内での Unity Package Manager の操作方法について説明します。
パッケージをインストールする このページでは、Package Manager ウィンドウを使って、以下のソースからパッケージをインストールする方法を説明します。

- レジストリからのインストール
-ローカルフォルダーからのインストール
- ローカルの圧縮ファイルからのインストール
- Git URL からのインストール

埋め込まれた依存関係 では、パッケージをプロジェクトに埋め込むためにどこに置くかについて説明します。

他のパッケージバージョンへの変更 では、Package Manager ウィンドウを使用して既にインストールされているパッケージのバージョンを切り替える方法について説明します。

インストールしたパッケージの削除 では、Package Manager ウィンドウを使用してプロジェクトからパッケージを削除する方法について説明します。

ビルトインパッケージの説明 では、Package Manager ウィンドウを使用してビルトインパッケージを有効または無効にする方法について説明します。
Working with Asset packages For information on working with Asset packages directly inside the Package Manager window, see:

- Importing an Asset package
- Updating your Asset package
パッケージのトラブルシューティング Package Manager ウィンドウ 自体を含むプロジェクトのパッケージが正しくロードされない場合は、 トラブルシューティングパッケージの矛盾 を参照してください。
マニフェストの使用に関する詳細 プロジェクトマニフェスト リファレンスページでは、どのような値が有効で、どのような役割を果たすのかなど、各属性について説明します。

パッケージの検査 リファレンスページでは、Inspector でパッケージマニフェストを表示する方法について説明します。パッケージが変更可能 (編集可能) な場合は、Inspector を使用してマニフェスト自体を変更することもできます。
パッケージの高度な利用方法を学ぶ To get started creating scripts that interact with the Package Manager, see Scripting API for packages. It provides a high-level overview of working with the Package Manager APIs and code samples for browsing the list of packages, adding a package to a project, and embedding a package that is already installed in the project.

If you want to find out about how to use your own package registry server in addition to the standard Unity registry, see Scoped package registries.
独自のツールやアセットをパッケージで構築し、共有する カスタムパッケージ ページは独自のパッケージをビルドするための完全なガイドです。名前やファイル構造体など、カスタムパッケージの要件について説明します。また、パッケージのマニフェスト の記入方法や、パッケージを共有する方法を説明します。


オフラインドキュメンテーション
検証済みパッケージ