Version: 2020.2
プログレッシブライトマッパー
Enlighten を使用したライトマップ (非推奨)

プログレッシブ GPU ライトマッパー (プレビュー版)

ノート: これはプレビュー機能であり、変更されることもあります。この機能を使用するシーンは、将来のリリースで更新が必要になる場合があります。この機能がプレビュー版である間は、本格的な制作に使用しないでください。

プログレッシブ GPU ライトマッパーは プログレッシブライトマッパー のバックエンドで、コンピューターの GPU とシステム VRAM を使用してベイクした ライトマップライトプローブ を生成します。

ハードウェアとソフトウェアの要件

プログレッシブ GPU ライトマッパーを使用するには、コンピューターに以下が必要です。

  • OpenCL 1.2 をサポートする少なくとも 1 つの GPU
  • At least 4 GB of dedicated GPU memory
  • SSE4.1 命令をサポートする CPU

コンピューターに複数の GPU がある場合、Unity はエディターが使用するのと同じ GPU を選択します。レンダリング用に 1 つのGPUを選択し、ライトベイク用にもう 1 つの GPU を選択することもできます。これを変更する方法については、このページの 使用する GPU の設定 セクションを参照してください。

ノート: ベイク処理に可能な GPU メモリを超えて使用すると、処理が CPU ライトマッパーにフォールバックする可能性があります。仮想メモリをサポートするグラフィックスドライバーの中には、代わりに CPU メモリにスワップするものがあるため、ベイク処理の速度が遅くなります。

使用する GPU の設定

You can select one GPU for rendering the Scene and another GPU for baking lighting. If the automatic GPU assignment doesn’t fit your needs, you can specify which GPU to use for baking.

To change the GPU that Unity uses for baking:

  1. Open the Lighting window (menu: Window > Rendering > Lighting).
  2. Navigate to the Workflow Settings section.
  3. Use the GPU Baking Device drop-down menu to select a GPU.

Progressive GPU limitations

The Progressive GPU Lightmapper does not support Baked LOD.

プログレッシブライトマッパー
Enlighten を使用したライトマップ (非推奨)