Version: 2020.2
Unity 3.5 アップグレードガイド
Project ウィンドウ

Unity のインターフェース

ここでは、もっともよく使うエディターウィンドウと、それらの詳しい活用法について説明します。

デフォルトの位置にあるよく使う一般的なウィンドウ
デフォルトの位置にあるよく使う一般的なウィンドウ
  • (A) ツールバー を使って、作業で使用するもっとも基本的な機能にアクセスできます。左側にはシーンビューや、シーンビュー内のオブジェクトを操作する基本的なツールがあります。中央には再生、停止、一時停止ボタンがあります。右側には Unity Collaborate、Unity Cloud Services、Unity Account へのアクセス、レイヤー可視化メニュー、エディターレイアウトメニュー (エディターウィンドウの様々なレイアウトを提供し、カスタムのレイアウトを保存することも可能です) が提供されています。
  • (B) Hierarchy ウィンドウ はシーンにあるすべてのゲームオブジェクトを階層的にテキスト表示します。シーンの各要素は階層内の 1 つのエントリーとして表示されます。そのため 2 つのウィンドウは本質的に繋がっています。この階層はゲームオブジェクトが互いにどのようにアタッチされているか、その構造を表しています。
  • (C) ゲームビュー は、シーンのカメラを通して最終的に描画されたゲームのシミュレーションを行います。再生ボタンをクリックすると、シミュレーションが始まります。
  • (D) シーンビュー を使って、視覚的にシーンを操作し編集することができます。シーンビューでは、作業中のプロジェクトの種類に応じて、3D または 2D で表示できます。
  • (E) Inspector ウィンドウ では、現在選択中のオブジェクトのプロパティーすべてを表示して編集することができます。それぞれのゲームオブジェクトによってプロパティーの内容も違うため、Inspector ウィンドウの配置やコンテンツは異なります。
  • (F) Project ウィンドウ は、プロジェクトで使用可能なアセットのライブラリを表示します。アセットをプロジェクトにインポートすると、ここに表示されます。
  • (G) The status bar provides notifications about various Unity processes, and quick access to related tools and settings.
Unity 3.5 アップグレードガイド
Project ウィンドウ