Version: 2020.2
Unity Organizations
Organization の管理

サブスクリプションとシート

Unity エディターとサービスを使用するためには、Unity Developer Network (UDN) アカウントの作成が必要です。

アカウントを作成すると、以下が提供されます。

  • デフォルトの Organization (組織)
    • A Unity Personal subscription (license) in the Organization
      • ライセンスに基づく Unity エディター用のシート

If you are not eligible to use a Personal subscription, you must upgrade to either the Unity Plus or Pro subscription. When you subscribe to Plus or Pro, you get:

  • Organization に紐づけられたサブスクリプション (ライセンス)
    • ライセンスに基づく Unity エディター用のシート

You can purchase additional Subscriptions through an Organization, on the Unity ID dashboard. If you are part of a company, this lets you organize your licenses under a company Organization while keeping your other activities in Unity separate. For more information, see Managing your Organization.

サブスクリプションのシート

A subscription seat represents a single user license, and lets users work together on Projects in the Editor. If your Organization uses a Pro or Plus subscription, all users working on your Organization’s Projects must have an Editor seat at the same tier or higher. If a user has a lower tier subscription, you must assign them a seat from your license.

ノート: シートを割り当てるには Organization の所有者か管理者である必要があります。詳しくは Organization Roles を参照してください。

シートの割り当ては、以下の手順で行います。

  1. Unity ID ダッシュボードにサインインします。
  2. 左側のナビゲーションペインで Organizations をクリックします。
  3. 任意の Organization を選択します。
  4. 左側のナビゲーションペインで Subscriptions & Services を選択します。
  5. サブスクリプションを選択します (このサブスクリプションからシートを割り当てます)。
  6. Manage seats ボタンをクリックして、シートを割り当てたい Organization メンバーを選択します。
  7. Assign Seat(s) ボタンをクリックします。

上で選択されたメンバーは、Unity のアクティベーションの方法に関するメールを受け取ります。

Assigning a seat gives the user access to Editor features at the Organization’s subscription level. When users are assigned a paid seat, they are issued a license which shows their highest subscription level. If users want to activate the Editor with a paid subscription, they must enter the license assigned to them.

Unity のウェブサイト で、サブスクリプションのシートをいつでも追加購入できます。Unity のアクティベーションに関しては、オンラインアクティベーション を参照してください。

Organization のメンバーではない個人との共同作業

Organization の機密の情報にアクセスさせることなく、メンバーではない個人との共同作業をする必要がある場合は、その個人を該当するプロジェクトに直接加えます。その個人が Organization のサブスクリプションプランと一致する Plus か Pro のシートを個人で所有している場合は、新たにシートを割り当てる必要はありません。

ユーザーを特定のプロジェクトに加えるには、以下の手順で行います。

  1. Unity Services Dashboard にサインインします。
  2. ユーザーを加えたいプロジェクトを選択します。
  3. 左側のナビゲーションペインで Settings, Users の順にクリックします。
  4. Add a person or group to this project フィールドにユーザーのメールアドレスを入力します。

プロジェクトの CollaborateCloud Build 機能にユーザーのアクセスを許可する場合は、ユーザーに Unity Teams シートを割り当てる必要があります。これは、サブスクリプションによって与えられるエディター用のシートとは異なります。指定したユーザーが Unity Teams のシートを持たない場合、デフォルトで 1 シートが割り当てられます。そのユーザーと Unity Teams を使って共同作業したくない場合は、Also assign a Unity Teams Seat to this user のチェックを外します。

UnityTeams 機能に関して詳しくは、 Unity Teams の使用 のページを参照してください。


  • 2018–04–25 Page published
Unity Organizations
Organization の管理