Version: 2020.2
Unity の Package Manager
パッケージの状態とライフサイクル

概念

ここでは、Unity Package Manager の機能に関する多くの概念について説明します。

バージョン

各パッケージには複数のバージョンがあり、ライフサイクルに沿ってそのパッケージに変更が加えられます。開発者がパッケージを更新するたびに、新しいバージョン番号が与えられ ます。パッケージバージョンの変更は、 セマンティックバージョニングにしたがって、破壊的変更 (メジャー)、新しい後方互換性機能 (マイナー)、バグ修正のみ (パッチ) のいずれであるかを示します。

特定のパッケージで使用可能なバージョンのリストを見るには、特定のバージョンの検索を参照してください。

マニフェスト

マニフェストファイルには 2 つのタイプがあります。

  • プロジェクトマニフェスト (manifest.json) は、Package Manager が正しいパッケージ (依存関係として宣言したパッケージやバージョンのリストなど) を見つけて読み込むために必要な情報を格納します。
  • パッケージマニフェスト (package.json) は、特定のパッケージに関する情報と、そのパッケージが必要とするパッケージとバージョンのリストを格納します。

どちらのファイルも JSON(JavaScript Object Notation) 構文を使用します。

レジストリ

In the domain of Unity’s Package Manager, a package registry is a server that stores package contents and information (metadata) on each package version. Unity maintains a central registry of official packages that are available for distribution. By default, all projects use the official Unity package registry, but you can add additional registries to store and distribute private packages or stage packages in development.

パッケージ管理

Unity Package Manager はパッケージシステム全体を管理するツールです。主なタスクは以下のとおりです。

Unity Package Manager は、サンプル、ツール、アセットを特定のマシンやデバイスのすべてのプロジェクトにインストールするのではなく、プロジェクトごとにインストールします。ダウンロードしたパッケージのメタデータとコンテンツを保存するために グローバルキャッシュ を使用します。いったんプロジェクトにインストールすると、Unity は、パッケージアセット をプロジェクト内の他のアセットと同じように扱います。ただし、これらのアセットは パッケージフォルダー内 に格納され、変更不可能 です。一方で、ローカル埋め込み のパッケージソースのコンテンツにのみ、永続的な変更を加えることができます。

パッケージソース

ソースには、 パッケージの出所が記載されています。

ソース 説明
レジストリ Unity Package Manager がリクエストを受けると、ほとんどのパッケージをパッケージレジストリサーバーからコンピューターの グローバルキャッシュ にダウンロードします。これらのパッケージは変更不可能です。そのため、プロジェクトで使用することはできますが、パッケージの変更やパッケージマニフェストの変更はできません。
ビルトイン これらのパッケージを使用すると、Unityの機能( Terrain (地形) Physics、アニメーションなど)を有効または無効にできます。それらは不変です。詳細については、 ビルトインパッケージを参照してください。
埋め込み プロジェクトフォルダー内に格納されているパッケージは、すべて埋み込まれています。このソースは 開発中 の状態に当たります。なぜなら、通常、 パッケージの開発を開始するときに、新しいパッケージに必要なすべてのスクリプト、ライブラリ、サンプル、その他のアセットをプロジェクトフォルダーの下のフォルダーに保存します。
ローカル コンピューター上の 任意のフォルダーからパッケージをインストール できます (例えば、ローカルで開発リポジトリをクローンする場合)。
** Tarball (local)** コンピューターの .tgz ファイルからパッケージをインストール できます。 Package Manager は .tgz ファイルからパッケージを抽出し、キャッシュに格納します。ただし、ローカルフォルダーからのインストールとは異なり、これらのパッケージは変更不可能です。
Git Package Managerは、 Git ベースのパッケージを、パッケージレジストリサーバーからではなく、Git リポジトリから直接インストールします。

パッケージマニフェストを編集するには、パッケージの検査 を参照してください。

Package Manager ウィンドウに 、これらの状態の一部に対応する タグ が表示されます。詳しい情報は、Tags を参照してください。

Unity の Package Manager
パッケージの状態とライフサイクル