Version: 2020.2
Multiplayer
Unity での AR 開発入門

XR

XR 開発は初めてですか? ここから始めましょう。

XR は、以下のタイプのアプリケーションを含む包括的な用語です。

  • 仮想現実 (VR): アプリケーションは、 ユーザーの周囲に全く違う環境をシミュレートします。
  • 複合現実感 (MR): アプリケーションは、それ自体の環境とユーザーの現実環境を組み合わせ、それらを相互作用させることができます。
  • 拡張現実 (AR): アプリケーションは、現実世界のデジタルビューにコンテンツを重ねます。

公式にサポートされているプラットフォーム

Unity は戦略的パートナーと緊密に連携し、Unity がサポートするプラットフォーム用のコンテンツを開発する際に、クリエイターが必要なすべてのサポートを得られるようにしています。これには、深いプラットフォームのインテグレーション、Unity エンジンの改善、各プラットフォームの XR 技術スタックの最適化が含まれます。

2019.3 現在、Unity は XR 用に以下のプラットフォームを正式にサポートしています。

  • ARKit
  • ARCore
  • Microsoft HoloLens
  • Windows Mixed Reality
  • Magic Leap
  • Oculus
  • PlayStation VR

ノート: Valve と Google は Unity の XR SDK を使用して、それぞれ OpenVR と Cardboard 用の独自のプラグインを開発しました。これらのプラグインは Unity 2019.3 以降と互換性があります。詳細は、VR 開発入門 のページを参照してください。

Unity XR プラグインフレームワーク

Unity は XR SDK と呼ばれる新しいプラグインフレームワークを開発しました。これにより、XR プロバイダーを Unity エンジンと統合し、その機能を十分に活用できます。このプラグインベースのアプローチは Unity の能力を向上させ、迅速なバグ修正を行い、プラットフォームパートナーから SDK の更新を配布し、コアエンジンを変更することなく新しい XR デバイスとランタイムをサポートします。詳細は以下を参照してください。

ビルトイン XR プラットフォームインテグレーションを非推奨に

2019.3 では、Unity は XR プラットフォームのインテグレーションをサポートする新しいプラグインフレームワークに移行しました。その結果、ビルトインの XR プラットフォームインテグレーションは非推奨になりました。これらのインテグレーションは 2019.3 でも引き続き使用可能で、2019.4 でも機能します。 Unity はこれらのインテグレーションのための新機能を開発しませんが、重要なバグ修正を提供し続けます。

ビルトインのインテグレーションとそれに対応するドキュメントは以下の通りです。

ノート: (1) Vuforia Engine ビルトイン パッケージ (Vuforia Engine AR) は、2019.3 以降、ネイティブで配布されなくなり Unity によって直接サポートされなくなります。Vuforia Developer Portal から Unity の Vuforia Engine の新しいバージョンを引き続きダウンロードできます。

Unity の AR 開発

AR 概要 ページでは、AR アプリケーションの作成の準備、ダウンロードする必要のあるパッケージの一覧、参考ドキュメントへの関連リンクを提供しています。Unity は、AR FoundationXR Management パッケージをダウンロードして、Unity がサポートするハンドヘルド AR デバイスやウェアラブル AR デバイスのアプリケーションを作成することを推奨します。

Unity の VR 開発

VR 概要 ページでは、VR アプリケーションの作成方法の詳細、ダウンロードが必要なパッケージの一覧、関連ドキュメントへの関連リンクを提供しています。まず最初に、XR ManagementXR Interaction Toolkit (プレビュー) パッケージをダウンロードして Unity がサポートする VR デバイスのアプリケーションを作成することを推奨します。

Unity Package Manager

Unity の XR 機能のほとんどは パッケージ で提供されており、Package Manager を使用してインストールします (Unity のメインメニューから Window > Package Manager に移動します)。 Package Manager ウィンドウに各パッケージの詳細情報が表示されます。

ノート: プレビューパッケージを見るには、Package Manager ウィンドウの Advanced ドロップダウンをクリックし、Show Preview Packages を選択します。

ダウンロードするパッケージの包括的なリストは、AR 概要VR 概要 のページを参照してください。

API の使用例

AR Foundation Samples GitHub リポジトリ には、Unity の AR Foundation API の例が含まれています。

その他の Unity リソース

Multiplayer
Unity での AR 開発入門