Version: 2020.2
ネットワーク問題
パッケージの命名

カスタムパッケージの作成

Unity Package Manager は Unity 公式のパッケージ管理システムです。以下を行います。

  • Unity が素早く簡単に新しい機能を配布し、既存の機能を更新できるようにします。
  • ユーザーが再利用可能なコンポーネントを見つけて共有するためのプラットフォームを提供します。
  • 拡張可能なオープンプラットフォームとして Unity の機能を増進します。

You can use the Package Manager to define project dependencies, resolve package dependencies, download and add packages as needed, and integrate content in your projects.

パッケージとは何か、Unity Package Manager のしくみに関する一般的な情報は、Unity Package Manager のドキュメントを参照してください。

概要

パッケージは以下を含むことができます。

  • C# スクリプト
  • アセンブリ
  • ネイティブプラグイン
  • Models, Textures, animation and audio clips, and other assets.

各パッケージには、パッケージ名、バージョン、 依存関係のリスト、リポジトリへの URL などの情報を含む パッケージマニフェスト ファイルも含まれます。

新しいパッケージを作成する手順は以下の通りです。

  1. 以下のいずれかの方法で、パッケージの空のシェルを作成します。

  2. Implement your tools, libraries, and any assets your package requires.

  3. パッケージのレイアウトが、Unity パッケージのパッケージレイアウト規則に準じていることを確認します。

  4. パッケージにテストを加えます。テストは、パッケージがさまざまなシナリオで期待通りに機能するために不可欠です。

    • すべてのエディターテストを Tests/Editor に書き込みます。
    • すべての再生モードテストを Tests/Runtime に書き込みます。
  5. アセンブリ定義ファイルの名前を変更し、更新します。

  6. 新しいバージョンを公開するたびに CHANGELOG.md ファイルを更新できます。すべての新機能やバグ修正は、このファイルに記録されます。選択した changelog 形式の詳細は、変更履歴を記録する ドキュメントを参照してください。

    これは、共有しないパッケージの場合はオプションですが、共有パッケージには強く推奨されます。このようにすれば、ユーザーはどのバージョンが自分のニーズに最も適しているかを知ることができるからです。

  7. LICENSE.mdTHIRD PARTY NOTICES.md ファイルにライセンスとサードパーティの通知を加えることができます。

    これは、共有しないパッケージの場合は必須ではありません。ただし、共有パッケージには強く推奨されます。これは、ユーザーがパッケージを誤用したり、サードパーティのライセンスに違反することを防ぐために役立ちます。

  8. パッケージを共有します。

新しい埋め込みパッケージの作成

Follow these instructions if you want to create a custom package inside your project folder.

  1. Open the Unity Hub, and create an empty project on your computer.

    You can also use an existing project on your computer, and embed the package under your project or install the package from a local folder. However, starting with a new project makes the package contents less prone to errors.

  2. Using your computer’s file manager (for example the Windows File Explorer or the macOS Finder), navigate to your project folder and locate the Packages subfolder.

  3. Create a new subfolder for your package inside the Packages folder using a name that matches the package name. For example, if your package is called com.example.mypackage, the subfolder should also be called com.example.mypackage.

    Note: This is particularly important if your package contains assets, because the AssetDatabase looks for an asset path that matches Packages/<your-package-name>/Assets, regardless of what the actual folder is called.

  4. 任意のテキストエディターを開き、 package.json という JSON ファイルを作成します。

  5. JSON ファイルを作成した新しいパッケージのルートフォルダー下に保存します。

  6. パッケージマニフェスト (package.json) ファイルのすべての必須フィールドに入力します。

Unity を再度開くと、新しいパッケージが Package Manager ウィンドウとProject ウィンドウに表示され、パッケージコンテンツの表示や変更を行えます。Project ウィンドウで package.json ファイルを選択すると、Inspector ウィンドウでそのコンテンツを直接変更することもできます。

新しいローカルパッケージの作成

Follow these instructions if you want to create a custom package outside your project folder:

  1. コンピューターのファイルマネージャー (Windows ファイルエクスプローラーや macOS Finder など) を使用して、 パッケージ用のフォルダーを作成します 。

    パッケージのコンテンツをすでに作成している場合は、既存の場所を使用することもできます。

  2. フォルダー構造体のレイアウトが Unity パッケージのパッケージレイアウト規則に従っていることを確認してください。例えば、エディターと Runtime のライブラリがある場合は、それらが EditorRuntime フォルダーに格納されていることを確認してください。

  3. 任意のテキストエディターを開き、 package.json という JSON ファイルを作成します。

  4. JSON ファイルを作成した新しいパッケージのルートフォルダー下に保存します。

  5. パッケージマニフェスト (package.json) ファイルのすべての必須フィールドに入力します。

  6. In Unity, create a new project or open an existing project.

  7. Packages ウィンドウを開き、先ほど作成した package.json ファイルを使用して、ローカルパッケージをインストールする手順に従います。

新しいパッケージが Package Manager ウィンドウと Project ウィンドウに表示され、パッケージのコンテンツの表示や変更を行えます。Project ウィンドウで package.json ファイルを選択すると、Inspector ウィンドウでそのコンテンツを直接変更することもできます。


  • Custom Packages は Unity 2019.1 で追加NewIn20191
ネットワーク問題
パッケージの命名