Version: 2020.2
トラブルシューティング
カスタムパッケージの作成

ネットワーク問題

Diagnostics ツールの使用

Unity Package Manager Diagnostics (診断) ツールを使用すると、Unity Package Manager に関連する一般的なネットワーク関連の問題を診断できます。Diagnostics ツールは、一般的なネットワークの問題を診断するために Unity サポートチームが必要とする基本的なネットワークテストを実行します。ツールを実行した後、Unity サポートチームと結果を共有でき、Unity サポートチームから問題を解決するためのアドバイスを受けられます。

Unity Package Manager Diagnostics は Unity Package Manager Error ダイアログによって、または手動で起動スクリプトを実行することによって行えます。

Diagnostics ツールが終了すると、テストの結果はシェルウィンドウに表示されます。また、 シェルウィンドウから開くことができるログファイルとレポートファイルにも書き込まれます。

シェルウィンドウのツールの上部にある Diagnostics (診断) レポート
シェルウィンドウのツールの上部にある Diagnostics (診断) レポート

After running Unity Package Manager Diagnostics, submit a bug and include the report.

Unity Package Manager Error ダイアログから起動

Unity が起動しようとすると、プロジェクトをロードする前にパッケージマネージャー処理を開始します。Package Manager で重大なエラーが発生すると、Unity は以下のエラーメッセージを表示します。

重大なエラーのダイアログが表示され、アクションを促します
重大なエラーのダイアログが表示され、アクションを促します

診断ツールを実行するには、Diagnose をクリックしてください。Unity は診断ツールを閉じて新しいウィンドウで起動します。

スクリプトで起動

Unity のインストレーションフォルダーの Diagnostics フォルダーでスクリプトを探します。

オペレーティングシステム 診断コマンドラインツールへのパス
Windows <path-to-unity-installation-folder>
   \Unity
      \Data
         \Resources
            \PackageManager
               \Diagnostics
                  \RunUnityPackageManagerDiagnostics.bat
macOS
Linux
<path-to-unity-installation-folder>
   \Unity.app
      \Contents
         \Resources
            \PackageManager
               \Diagnostics
                  \RunUnityPackageManagerDiagnostics

ツールを起動するには、ファイルブラウザーでスクリプトファイルをダブルクリックするか、 コマンドラインから実行します。


トラブルシューティング
カスタムパッケージの作成