Version: 2020.2
ビルドマニフェスト
ScriptableObject としてのビルドマニフェスト

JSON 形式のビルドマニフェスト

ランタイムに JSON 形式の Unity Cloud Build マニフェスト にアクセスすることが可能です。このアセットには、カスタムのパースロジックか、サードパーティーの JSON パーサーが必要です。

以下の C# のコード例は、ビルドマニフェストを GitHub Gist の MiniJSON パーサーで読み込んでパースしています (gist.github.com/darktable/1411710)。


using UnityEngine;
using System.Collections.Generic;
using MiniJSON;

public class MyGameObject: MonoBehavior
{
    void Start()
    {
        var manifest = (TextAsset) Resources.Load("UnityCloudBuildManifest.json");
        if (manifest != null)
        {
            var manifestDict = Json.Deserialize(manifest.text) as Dictionary<string,object>;
            foreach (var kvp in manifestDict)
            {
                // null 値であることをチェックするのをお忘れなく!
                var value = (kvp.Value != null) ? kvp.Value.ToString() : "";
                Debug.Log(string.Format("Key: {0}, Value: {1}", kvp.Key, value));
            }
        }
    }
}
ビルドマニフェスト
ScriptableObject としてのビルドマニフェスト