Version: 2020.2
ゲームの作成
シーンの作成、ロード、保存

シーン

シーン (Scene) は、Unity のコンテンツを扱う場所です。シーンは、ゲームやアプリケーションの全部または一部を含むアセットです。例えば、シンプルなゲームは 1 つのシーンで作りますが、より複雑なゲームでは、各レベルに 1 つのシーンを使い、それぞれに環境、キャラクター、障害物、装飾、UI などを用意することができます。1 つのプロジェクトに作成するシーンの数に上限はありません。

新規プロジェクトを作成してから初めて開くと、カメラとライトだけを含んだサンプルシーンが開きます。

Unity のデフォルトのサンプルシーンで、Main Camera と Directional Light が含まれています。
Unity のデフォルトのサンプルシーンで、Main Camera と Directional Light が含まれています。

シーンの扱い方については、シーンの作成、ロード、保存 を参照してください。

シーンテンプレート

Unity では、新しいシーンの作成にシーンテンプレートを使用します。シーンテンプレートはアセットで、プロジェクトに保存されます。シーンに似ていますが、直接使用するのではなく、複製使用されるように設計されています。

シーンテンプレートの作成と管理については、シーンテンプレート を参照してください。

新規シーンダイアログ

File メニュー (File > New Scene) または Ctrl/Cmd + N のショートカットを使って新しいシーンを作成すると、新規シーンダイアログが開きます。これを使用して、プロジェクトの特定のシーンテンプレートから新しいシーンを作成し、既存のテンプレートに関する情報を取得します。

新規シーンダイアログ
新規シーンダイアログ

  1. 検索フィールド: 利用可能なシーンテンプレートを名前で検索します。
  2. テンプレート: プロジェクトで利用可能なすべてのテンプレートのリストです。
  3. テンプレートの詳細: 現在選択されているテンプレートの情報を表示します。
  4. コマンドバー: 選択したテンプレートから新しいシーンを作成するためのコマンドとオプションを提供します。

新しいシーンの作成

新規シーンダイアログから新しいシーンを作成するには、テンプレートリストからテンプレートを選択し、Create をクリックします。この方法でのシーン作成の詳細については、新規シーンダイアログから新しいシーンを作成 を参照してください。

テンプレートをピン留めする

ピン留めされたテンプレートは、新規シーンダイアログのテンプレートリストで他のテンプレートの前に表示されます。最後にピン留めされたテンプレートがリストの一番上に表示されます。

テンプレートのピンアイコンをクリックすると、そのテンプレートがピン留めされます。

また、プロパティを編集する 際にテンプレートをピン留めすることもできます。シーンテンプレート Inspector で、 Pin in New Scene Dialog オプションを有効にします。

テンプレートの検索と編集

新規シーンダイアログでテンプレートを選択すると、詳細ペインにテンプレートのパスが表示されます (下の画像の1)。

Project ウィンドウでテンプレートをハイライト表示するには、Locate リンク (下の画像の 2) を選択します。

Inspector ウィンドウでテンプレートを開き、そのプロパティを編集 するには、Edit リンク (下の画像の 3) を選択します。

複数シーンの編集

複数のシーンを同時に開いて編集することができます。詳しくは、複数シーンの編集 を参照してください。


ゲームの作成
シーンの作成、ロード、保存