Version: 2020.2
ファネル
Remote Settings の作成と変更

Remote Settings

Note: Unity Remote Config is now available as a preview package. Remote Config is an improved offering that allows you to change the behavior and appearance of your game without requiring a new binary. You can remotely enable or disable features, change the specifics of your game to target specific audiences, or run special events by scheduling new content releases.

概要

Unity Analytics サービスRemote Settings 機能を使用すると、Analytics ダッシュボードから直接、ゲームやアプリケーションの変数を変更できます。例えば、ゲームに難しすぎたり、簡単すぎたりするステージがあることが懸念される場合は、ステージのボスの難易度を制御する設定を行います。次に、Analytics データが、特定のステージのボスが強すぎる、または弱すぎると示す場合、アプリケーションをアップデートすることなしにゲームを調整できます。さらに、セグメントを使用して、さまざまなプレイヤーグループに異なる設定を適用することもできます。

Remote Settings は以下の場合に利用できます。

  • さまざまなタイプのプレイヤーにゲームを適用する。
  • ゲームの難易度カーブをほとんどリアルタイムで調整する。
  • 影響をモニターしながら、新しい機能を徐々に投入する。
  • 異なる地域やプレイヤーセグメントに合わせて、ゲーム設定を調整する。
  • 季節、祝日、その他のタイミングに敏感なフィーチャーをオン/オフにする。
  • 考えやデザインをテストする。

Remote Settings を変更すると、アプリケーションの新しいセッションを開始するすべてのコンピューターやデバイスが、新しい設定値をダウンロードします。アプリケーションの更新は必要ありません。Remote Settings を個々のゲームオブジェクトプロパティーに接続したり、コード内のキーと値のペアを直接読み取って、設定変更を処理する 独自のロジックを加える こともできます。

ここでは、Remote Settings の設定と変更、および Unityプロジェクトでの Remote Settings の使用 について説明します。

Remote Settings は Unity Analytics ダッシュボードの Optimization セクションにあります。


  • 2017–08–28 Page amended

  • 2017–08–28 現在、サービスは Unity 5.5 以降と互換性があります。ただし、バージョンの互換性は変更されることもあります。

  • 2017.1 の新機能NewIn20171

  • segmented Remote Settings: set different values for different segments は 2017.1 に追加

ファネル
Remote Settings の作成と変更