Version: 2020.2
スクリプトでコンポーネントを作成する
タグ

Deactivating GameObjects

ゲームオブジェクトを非アクティブとマークすると、シーンから一時的にゲームオブジェクトを削除できます。これを行うには、Inspector に移動し、ゲームオブジェクトの名前の横にあるチェックボックスのチェックを外します (下の画像を参照)。または、スクリプトの ActiveSelf プロパティーを使用します。

名前の隣にあるゲームオブジェクトをアクティブにするチェックボックス。赤いボックスでハイライトされています。
名前の隣にあるゲームオブジェクトをアクティブにするチェックボックス。赤いボックスでハイライトされています。

Deactivating a parent GameObject

親ゲームオブジェクトを非アクティブにすると、その子ゲームオブジェクトもすべて非アクティブになります。

The deactivation overrides the activeSelf setting on all child GameObjects, so Unity makes the whole hierarchy inactive from the parent down. This does not change the value of the activeSelf property on the child GameObjects, so they return to their original state when you re-activate the parent.

Note: This means that you can’t determine whether or not a child GameObject is currently active in the Scene by reading its activeSelf property, because even though it is set as active, one of its parents might be set as inactive.

Instead, if you need to determine whether it’s currently active in the scene, you should use the activeInHierarchy property, which takes the overriding effect of its parents into account.

The selected GameObject (Cube) is set as active, but remains inactive because its parent is set to inactive
The selected GameObject (Cube) is set as active, but remains inactive because its parent is set to inactive
スクリプトでコンポーネントを作成する
タグ