Version: 2020.2
アニメーションのレイヤー
ターゲットマッチング

ソロとミュート

複雑なステートマシンでは、マシンの一部の動作を個別にプレビューすると便利です。これには、 Mute (ミュート) と Solo (ソロ) 機能を使用できます。

  • Mute は遷移を無効にします。
  • Solo はその遷移のみを再生します。

複数の Solo 遷移を設定して、Solo が有効になっているもののみを再生することができます。1 つの遷移で Soloが 有効になっている場合、Unity は他の遷移で Mute を有効にします。 SoloMute の両方が有効になっている場合は、Mute が優先されます。

MuteSolo の状態は Transition InspectorState Inspector から設定できます。これらは、その状態からのすべての遷移の概要を示します。

Unity は ソロ の遷移を緑、 ミュート の遷移を赤で表示します。

上の例で、State 0 からは、State AState B への遷移のみが利用可能です。

既知の問題

  • コントローラーグラフは必ずしもエンジンの内部のミュートステートを反映しません。
アニメーションのレイヤー
ターゲットマッチング