Version: 2019.3
2D/3Dプロジェクト
インターフェースについて

プロジェクトテンプレート

プロジェクトテンプレートは、さまざまなタイプのプロジェクトに共通の良い実践法に基づいて、あらかじめ決められた設定を提供します。これらの設定は、Unity がサポートするあらゆるプラットフォームの 2D プロジェクトと 3D プロジェクトに最適化されています。

テンプレートは、最初のプロジェクト、目標とするゲームタイプ、視覚的な忠実性のレベルなどを準備するプロセスをスピードアップします。テンプレートを使用すると、気づかなかった可能性のある設定、例えば、スクリプタブルレンダーパイプライン (SRP)、Shader Graphポストプロセス などの機能の設定などができます。

プロジェクトを作成するときに、プロジェクトを始めるのに役立つテンプレートを選択します。

Project Templateドロップダウンの選択
Project Templateドロップダウンの選択

テンプレートの種類

Unity には以下のテンプレートが用意されており、プロジェクトを始めるのに役立ちます。

2D

テクスチャ(画像)のインポートスプライトパッカーシーンビューライティング平行投影カメラ を含む2Dアプリケーションのプロジェクト設定を行います。

3D

Unityのビルトインレンダリングパイプラインを使用する3Dアプリケーションのプロジェクト設定を行います。

3D with Extras

Unity のビルトインのレンダラーとポストプロセス機能を使用する 3D アプリケーションのプロジェクト設定を行います。このプロジェクトタイプには、新しいポストプロセススタック、開発をすぐに開始するための プリセット、サンプルコンテンツなどが含まれます。

ポストプロセスの詳細は、ポストプロセス GitHub リポジトリの PostProcessing を参照してください。

High Definition RP (プレビュー版)

シェーダーモデル 5.0 (DX11以降) をサポートするハイエンドプラットフォームを使用するプロジェクトのプロジェクト設定を行います。このテンプレートは、SRP を使用してビルドされています。SRP は、最新のレンダリングパイプラインであり、高度なマテリアルタイプと、設定可能なハイブリッド タイル/クラスター の ディファード/フォワードライティングアーキテクチャを含んでいます。このテンプレートには、新しいポストプロセススタック、開発をすぐに開始するためのいくつかのプリセット、サンプルコンテンツも含まれています。 

このテンプレートはプロジェクトに以下の機能を追加します。

  • SRP - 詳細は、SRP GitHub リポジトリの Scriptable Render Pipeline を参照してください。
  • ポストプロセススタック - ポストプロセススタックを利用すると、アーティストとデザイナーが彼らにとって使いやすいインターフェースを使って、シーンにフルスクリーンフィルターを適用できます。詳細は、ポストプロセス GitHub リポジトリの post-processing を参照してください。

ノート HD レンダーパイプライン (HDRP)は現在開発中ですので、不完全で変更の可能性 (API、UX、スコープ) があると考えてください。したがって、通常の Unity サポートの対象外です。 Unity はこの機能に関するフィードバックを求めています。機能に関する質問は Unity プレビューフォーラム を参照してください。

ユニバーサルレンダーパイプライン

ユニバーサルレンダーパイプラインテンプレートはプロジェクトの Project Settings を設定し、パフォーマンス、幅広いプラットフォームのサポート、 グラフィックスの容易なカスタマイズを調整します。

このテンプレートは以下の Unity 機能を使用します。

  • ユニバーサルレンダーパイプライン (URP): あらかじめビルドされたスクリプタブルレンダーパイプライン。素早く簡単にカスタマイズでき、幅広いプラットフォームで最適化されたグラフィックスを作成できます。URP には、2D ライトとピクセルパーフェクトレンダリングを備えた最適化された 2D レンダラーと、統合されたポストプロセスソリューションも含まれています。URP の詳細については、URP ドキュメント を参照してください。
  • Shader Graph: コードを書く代わりに、視覚的なノードエディターを使用してシェーダーを作成するツール。Shader Graph の詳細については、 Shader Graph のドキュメント を参照してください。

テンプレートには以下が含まれます。

  • URP でライティング設定、マテリアル、シェーダー、ポストプロセスエフェクトを設定する方法の例を含むサンプルシーン
  • いくつかの事前設定された ユニバーサルレンダーパイプラインアセット により 、グラフィックスの品質レベルを素早く取り換えることができます。
  • URP で使用するために最適化された プリセット

  • Unity 2019.3 のテンプレートを更新NewIn20193

  • プロジェクトテンプレートは 2018.1 で追加NewIn20181

  • 新しいプロジェクトテンプレートは 2018.2 で追加NewIn20182

2D/3Dプロジェクト
インターフェースについて