Version: 2019.3
Scene Visibility
Scene view Camera

Scene view control bar

You can use the Scene view control bar to choose various options for viewing the Scene and also to control whether lighting and audio are enabled. These controls only affect the Scene view during development and have no effect on the built game.

描画モードメニュー

左端のドロップダウンメニューではシーンを描画するための 描画モード を選択します。使用できるオプションは次のとおりです。

Draw Mode 機能
Shading Mode
Shaded Show surfaces with their textures visible.
Wireframe Draw meshes with a wireframe representation.
Shaded Wireframe Show meshes textured and with wireframes overlaid
Miscellaneous
Shadow Cascades Show directional light shadow cascades.
Render Paths Show the rendering path for each GameObject using a color code:

Blue indicates deferred shading
Green indicates deferred lighting
Yellow indicates forward rendering
Red indicates vertex lit
Alpha Channel Render colors with alpha.
Overdraw Render GameObjects as transparent “silhouettes”. The transparent colors accumulate, making it easy to spot places where one object is drawn over another.
Mipmaps Show ideal texture sizes using a color code:

Red indicates that the texture is larger than necessary (at the current distance and resolution)
Blue indicates that the texture could be larger. The ideal texture sizes depend on the resolution at which your application will run and how close the Camera can get to particular surfaces.
Texture Streaming Tint GameObjects green, red, or blue, depending on their status in the Texture Streaming system. For more information, see documentation on Texture Streaming debugging.
Deferred これらのモードでは、G バッファ (Albedo, Specular, Smoothness, Normal) の各要素を単独で表示できます。 詳細は、 デファードシェーディング のドキュメントを参照してください。
Global Illumination The following modes are available to help visualise aspects of the Global Illumination system: UV Charts, Systems, Albedo, Emissive, Irradiance, Directionality, Baked, Clustering and Lit Clustering. See documentation on GI Visualisations for information about each of these modes.
Material Validator Material Validation モードには AlbedoMetal Specular の 2 つがあります。これによって物理ベースのマテリアルが推奨された範囲の値を使用しているかを確認できます。詳しくは 物理ベースのレンダリングマテリアルバリデーター を参照してください。

2D、ライティング、オーディオのボタン

描画モード の右にシーンビューのあるオプションをオン/オフに切り替えるボタンがあります。

  • 2D: シーンの 2D ビューと 3D ビューの切り替えスイッチです。2D モードでのカメラは、前方が正の Z 軸、右方向が正の X 軸、上方向が正の Y 軸となります。
  • Lighting: シーンビューのライティング(ライト、オブジェクト、シェーディング等)のオンオフ切り替え。
  • Audio: シーンビューのオーディオエフェクトのオンオフ切り替え。

エフェクトボタンとメニュー

メニュー ( オーディオ ボタンの右の小さな山のアイコンの右) にシーンビューのレンダリングエフェクトを有効/無効にするオプションがあります。

  • Skybox: シーンの背景にスカイボックステクスチャが描画されます。
  • Fog: カメラからの距離によってビューがゆるやかに平坦な色へフェードしていきます。
  • Flares: ライトのレンズフレアです。
  • Animated Materials: アニメーション化したマテリアルがアニメーションを表示するかどうかを決定します。

エフェクト ボタン自体は、すべてのエフェクトを 1 度に有効/無効にするスイッチの働きをします。

Scene visibility switch

The Scene visibility switch toggles Scene visibility for GameObjects on and off. When it’s on, Unity applies the Scene visibility settings. When it’s off, Unity ignores them. This switch also displays the number of hidden GameObjects in the Scene.

For more information, see the documentation on Scene Visibility.

Component Editor Tools panel switch

The Component Editor Tools panel switch toggles a toolbar for custom commands that affect the current selection. The toolbar appears in a window inside the main Scene view window.

For more information see the documentation on Using Custom Editor Tools.

Camera settings menu

The Camera settings menu contains options for configuring the Scene view camera. For more information, see the documentation on Camera settings.

ギズモメニュー

Gizmos メニューには、オブジェクト、アイコン、ギズモをどのように表示するかに関する多くのオプションがあります。 このメニューは、シーンビューと ゲームビュー の両方で使用できます。 詳細については、 Gizmos メニュー のドキュメントを参照してください。

検索ボックス

The rightmost item on the control bar is a search box that lets you filter items in the Scene view by their names and/or types (you can select which with the small menu at the left of the search box). The set of items that match the search filter are also shown in the Hierarchy view which, by default, is located to the left of the Scene view.

  • Scene Visibility Switch added in 2019.1 NewIn20191
  • Scene view Camera settings added in 2019.1
  • Component Editor Tools panel switch added in 2019.1
Scene Visibility
Scene view Camera