Version: 2019.3
GUI レイヤー(旧)
Anti-aliasing

ポストプロセス

Post Processing (ポストプロセス) は、画像を画面に表示する前に、カメラの画像バッファにフルスクリーンのフィルターと効果を適用する処理です。これによって、設定に時間をほとんどかけずに、アプリケーションの外観を顕著に向上させることができます。ポストプロセスエフェクトを使用して、物理カメラやフィルムのプロパティーのシミュレーションを行えます。

このセクションでは、Unity で使用可能なポストプロセスエフェクトの概要を説明します。これらのポストプロセスエフェクトの使用方法については、各ページのリンクを参照してください。

ポストプロセスの使用

下の画像はポストプロセスを加えたシーンと加えないシーンを比較しています。

ポストプロセスを使わないシーン
ポストプロセスを使わないシーン
ポストプロセスを使ったシーン
ポストプロセスを使ったシーン

ポストプロセスとレンダリングパイプライン

使用できるポストプロセスエフェクトとその適用方法は、使用する レンダーパイプライン によって異なります。あるレンダーパイプラインのポストプロセスソリューションは、他のレンダーパイプラインと互換性がありません。

レンダーパイプライン ポストプロセスサポート
ビルトインレンダーパイプライン ビルトインレンダーパイプラインには、デフォルトでポストプロセスソリューションは含まれていません。ビルトインレンダーパイプラインでポストプロセスエフェクトを使用するには、Post-Processing Version 2 パッケージをダウンロードします。ビルトインレンダーパイプラインでポストプロセスエフェクトを使用する方法については、Post-Processing Version 2 のドキュメントを参照してください。
ユニバーサルレンダーパイプライン (URP) URP には独自のポストプロセスソリューションが含まれており、URP テンプレートを使用してプロジェクトを作成するときに Unity がインストールします。URP でポストプロセスエフェクトを使用する方法については、URP のポストプロセスドキュメント を参照してください。
HD レンダーパイプライン (HDRP) HDRP には独自のポストプロセスソリューションが含まれており、HDRP テンプレートを使用してプロジェクトを作成するときに Unity がインストールします。HDRP でポストプロセスエフェクトを使用する方法については、HDRP のポストプロセスドキュメント を参照してください。

ノート: ポストプロセススタックバージョン 1 は非推奨になったため使用しないでください。

GUI レイヤー(旧)
Anti-aliasing