Version: 2019.3
Model タブ
サポートされているモデルのファイル形式

Materials タブ

マテリアルを持たない SpeedTree Model を Unity にインポートすると、Unity の拡散マテリアルが使用されます。モデルにマテリアルがある場合、それらをサブアセットとしてインポートします。SpeedTree モデルをインポートするときに、Materials タブを使用してマテリアルの設定を変更することができます。

SpeedTree インポーターのマテリアル
SpeedTree インポーターのマテリアル

Materials タブには以下のセクションがあります。

(A) The Location and Materials settings allow you to control whether Unity imports or extracts the Materials inside the imported Asset.

(B) The Remapped Materials allow you to remap the imported Materials to existing Materials in your Project, or to extract the imported Materials and create separate Assets at a location of your choice.

(C) The preview pane displays the SpeedTree Model with its Material.

Location

Location プロパティー
Location プロパティー

Location プロパティーは、SpeedTree アセットがマテリアルにアクセスする方法を定義します。SpeedTree Materials タブの残りのプロパティーは、選択したオプションによって変わります。

  説明
Use Embedded Materials これを選択すると、インポートしたマテリアルはアセット内に保存されます。必要に応じて、インポートしたマテリアル をプロジェクトの既存マテリアルに再マッピングできます。
これはデフォルトであり、推奨されている選択です。
Use External Materials (Legacy) このアセットが以前のバージョンの Unity でインポートされたことを示します。これを選択すると、Unity は自動的にマテリアルを抽出し、モデルと同じ場所にある Materials フォルダーに配置します。

Materials

Extract Materials ボタンをクリックして、インポートしたアセットに埋め込まれているマテリアルを抽出します。抽出するマテリアルがない場合は、グレー表示されます。

Extract Materials ボタン
Extract Materials ボタン

デフォルトのテクスチャを持つマテリアルを法線マップとしてインポートすると、以下のメッセージが表示されます。

NormalMap 設定ダイアログ
NormalMap 設定ダイアログ

Texture Importer 設定は別の Inspector ウィンドウに表示されるので、以下の方法でこれを修正できます。

  • 影響を受けるすべてのテクスチャファイルで、自動的に テクスチャタイプ法線マップ に変更したい場合は Fix now をクリックします。
  • テクスチャファイルの設定を変更せずにインポートするには、Ignore ボタンをクリックします。

Remapped Materials

このセクションには、この SpeedTree アセットの各 LOD レベルにマッピングされたマテリアルが表示されます。

再マッピングされたマテリアルのセクション
再マッピングされたマテリアルのセクション

アセットに使用したいマテリアルが既にある場合は、On Demand Remap を展開し、Search and Remap ボタンをクリックします。

Search and Remap ボタンへのアクセス
Search and Remap ボタンへのアクセス

マテリアルを再マッピングした後、Regenerate Materials ボタンをクリックして、最新のインポート設定で外部マテリアルを再インポートします。

注意 外部マテリアルを再インポートすると、マテリアルファイルに対して手動で行った変更はすべて取り消されます。

Model タブ
サポートされているモデルのファイル形式