Version: 2019.3
Image
Mask

Raw Image 

Raw Image コンポーネントは相互作用しない画像をユーザーに表示します。これは装飾やアイコンなどに使用され、画像はスクリプトからも変更することもでき、他のコンポーネントの変更を反映します。このコンポーネントは、Image コンポーネントに似ていますが、画像をアニメーション化し、正確に矩形を埋めるためのより多くのオプションを提供します。Image コンポーネントはテクスチャが スプライト である必要がありますが、一方で Raw Image はどんなテクスチャでも処理できます。

Raw Image
Raw Image

プロパティー

プロパティー 機能
Texture 表示する画像のテクスチャ
Color 画像に適用する色
Material 画像をレンダリングするために使用する マテリアル
Raycast Target Unity が画像をレイキャスティングのためのターゲットとして認識するようにしたい場合は Raycast Target を有効にします。
UV Rectangle 正規化された座標で示された、矩形内での画像のオフセットとサイズ( 0.0 から 1.0 の範囲内)。画像の端は周りのスペースを埋めるように引き延ばされます。

説明

Raw Image はスプライトテクスチャを必要としないため、Unity プレーヤーが利用可能な任意のテクスチャを表示するために使用することができます。例えば、WWW クラスを使用して URL からダウンロードした画像や、ゲーム内のオブジェクトのテクスチャを表示などのことができます。

UV Rectangle プロパティーによって、大きな画像の一部を表示することができます。XY 座標は、左下隅と整列された画像の一部を指定します。例えば、X 座標の 0.25 という値で画像左端の 4 分の 1 を切り出します。WH ( 幅(Width)と高さ(Height) ) プロパティーは、矩形に合わせて拡大縮小する画像の一部の幅と高さを表します。例えば、W と H の 0.5 という値で、画像領域を 4 分の 1 まで縮小します。これらのプロパティーを変更することで、必要に応じて画像をズームしたり、拡大縮小することができます( Scrollbar も参照してください)。

Image
Mask