Version: 2019.3
Unity の Package Manager
グローバルキャッシュ

概念

ここでは、Unity Package Manager の機能に関する多くの概念について説明します。

バージョン

各パッケージには複数のバージョンがあり、ライフサイクルに沿ってそのパッケージに変更が加えられます。開発者がパッケージを更新するたびに、新しいバージョン番号が与えられます。パッケージバージョンの変更は、 セマンティックバージョニングにしたがって、破壊的変更 (メジャー)、新しい後方互換性機能 (マイナー)、バグ修正のみ (パッチ) のいずれであるかを示します。

特定のパッケージで使用可能なバージョンのリストを見るには、特定のバージョンの検索を参照してください。

マニフェスト

マニフェストファイルには 2 つのタイプがあります。

  • プロジェクトマニフェスト (manifest.json) は、Package Manager が正しいパッケージ (依存関係として宣言したパッケージやバージョンのリストなど) を見つけて読み込むために必要な情報を格納します。
  • パッケージマニフェスト (package.json) は、特定のパッケージに関する情報と、そのパッケージが必要とするパッケージとバージョンのリストを格納します。

どちらのファイルも JSON(JavaScript Object Notation) 構文を使用します。

レジストリ

Unity maintains a central registry of official packages that are available for distribution. A package registry stores package contents and information (metadata) on each package version. By default, all Projects use the official Unity package registry, but you can add additional registries to store and distribute private packages or stage packages in development.

パッケージ管理

Unity Package Manager はパッケージシステム全体を管理するツールです。主なタスクは以下のとおりです。

  • Unity レジストリや指定する追加のレジストリと通信します。
  • It reads your Project manifest and fetches package contents and metadata.
  • It installs, upgrades, and uninstalls packages, whether they are dependencies of the Project or one of the installed packages.
  • Unity のビルトインパッケージを有効/無効にします。
  • パッケージのすべてのバージョンに関する情報を表示します。
  • It resolves conflicts when the Project and its packages require more than one package version.

The Unity Package Manager installs samples, tools, and Assets on a per-Project basis, rather than installing them across all Projects for a specific machine or device. It uses a global cache to store downloaded package metadata and contents. Once installed, Unity treats package Assets just like any other Asset in the Project, except that these Assets are stored inside the package folder and are immutable. You can only permanently change content from Local and Embedded package sources.

Package states

States indicate where the package is in the development cycle:

状態 説明
In Development (開発中) The package developer is still creating the package. Usually this corresponds to having the package embedded in the developer’s Project.
Preview (プレビュー) The package is ready to use and can appear in the package registry, but it is not ready for use in production. This stage is like a beta cycle.
Production-ready The package is safe to use in production and the developer has published it to the package registry.
Verified (検証済み) The package has undergone testing and has been verified to work safely with a specific version of Unity, and all other packages verified for that version.

The Package Manager window displays a tag that corresponds to some of these states. For more information, see Tags.

パッケージソース

ソースには、 パッケージの出所が記載されています。

ソース 説明
レジストリ The Unity Package Manager downloads most packages from a package registry into a global cache on your computer as you request them. These packages are immutable, so you can use them in your Project, but you cannot modify them or change their package manifests.
ビルトイン These packages allow you to enable or disable Unity features (for example, Terrain Physics, Animation, etc.). They are immutable.
埋め込み Any package stored inside your Project folder is embedded. This source corresponds with the in development state because you typically put all the scripts, libraries, samples, and other Assets your new package needs in a folder under your Project folder when you begin development on a package.
ローカル コンピューター上の任意のフォルダーからパッケージをインストールできます (例えば、ローカルで開発リポジトリをクローンする場合)。
Local tarball コンピューターの .tgz ファイルからパッケージをインストールできます。 Package Manager は .tgz ファイルからパッケージを抽出し、キャッシュに格納します。ただし、ローカルフォルダーからのインストールとは異なり、これらのパッケージは変更不可能です。
Git Package Manager は、 レジストリサーバーからではなく、Git リポジトリから直接 Git パッケージをインストールします。

パッケージマニフェストを編集するには、パッケージの検査 を参照してください。

Package Manager ウィンドウに 、これらの状態の一部に対応するタグが表示されます。詳しい情報は、Tags を参照してください。

Unity の Package Manager
グローバルキャッシュ