Version: 2019.4
Unity での AR 開発入門
XR プラグインフレームワーク

Unity での VR 開発入門

VR 開発を始めるには、XR Management を使用して ターゲットプラットフォーム SDK をロードし管理することを推奨します。XR プラグイン管理システムを使用してプロジェクトを設定する方法については、Unity プロジェクトを XR 用に設定 を参照してください。

サードパーティのプラグイン

Oculus

  • Oculus Quest 用に開発している場合は、 Android ビルド ターゲット用の Oculus XR Plug-in をインストールしてロードする必要があります。
  • Oculus Rift と Rift S 用に開発している場合は、Windows ビルドターゲット用の Oculus XR Plug-in をインストールしてロードする必要があります。
  • 詳細は、Oculus 開発者 ドキュメント を参照してください。

Windows 混合現実 (MR)

  • Windows MR VR ヘッドセット用の開発を行っている場合は、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) 用の Windows XR Plug-in をインストールしてロードし、Microsoft の Mixed Reality Toolkit (MRTK 2.3) を使用して、混合現実 (MR) の入力と相互作用を加えます。
  • 詳細は、Microsoft の Windows Mixed Reality のドキュメントを参照してください。

Google VR

Google Daydream と Cardboard の最新情報は、Google の VR SDK クイックスタートガイド を参照してください。 Google Cardboard Unity XRプラグインの詳細については、Quickstart for Google Cardboard for Unity を参照してください。

OpenVR

Valve は OpenVR Unity XR Plug-in (ベータ版) をリリースしました。 ドキュメントとインストールのガイドは、Steamvr_unity_plugin GitHub リポジトリを参照してください。

入力と相互作用

Unity の XR Interaction Toolkit を使用すると、最初から相互作用に関するコードを書く必要なく、VR アプリケーションに相互作用性を加えることができます。Unity がサポートする XR プラグインで動作し、Package Manager (パッケージマネージャー) を通して Unity 2019.3 のプレビューパッケージとして利用可能です。

Unity での AR 開発入門
XR プラグインフレームワーク