Version: 2019.4
Enlighten を使用したライトマップ (非推奨)
Lightmap Parameters アセット

ライトマッピング - はじめに

シーンの準備とライトマップのベイク

Lighting ウィンドウを開くには、Window > Rendering > Lighting Settings の順に選択します。 ライトマップを適用したいメッシュが、ライトマッピングに適切な UV を持つようにしてください。これを行う最も簡単な方法は、メッシュインポート設定 を開き、Generate Lightmap UVs を有効にします。

次に、ライトマップの解像度を制御するために、Lightmapping Settings セクションに移動し、Lightmap Resolution の値を調整します。

レンダラーがライトマップに含まれるためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • Mesh Renderer または Terrain コンポーネントを持つ。
  • Contribute GI にチェックされている。
  • ビルトインの Unity マテリアル、スタンダードシェーダー、メタパス 付きのシェーダーを使用している。

Mesh Renderer コンポーネントでは Scale In Lightmap パラメーターを使用して、ライトマップの静的 メッシュTerrain (地形) の解像度を調整できます。

Light Explorer でライトの設定を調整することもできます。

シーンのライトマップを生成するには、以下の手順を行います。

  1. Lighting ウィンドウScene タブの一番下にある Generate Lighting をクリックします (または、Auto Generate が有効になっていることを確認します)。

  2. Unity エディターのステータスバーの右下にプログレスバーが表示されます。

ライトマッピングが完了すると、Unity のシーンビューとゲームビューは自動的に更新され、結果のライトマップを Lighting ウィンドウで見られます。

ライティングを手動で生成すると、Unity は Lighting Data アセットベイクしたライトマップリフレクションプローブアセット フォルダーに加えます。


プログレッシブライトマッパーは 2018.1 で追加 NewIn20181

Enlighten を使用したライトマップ (非推奨)
Lightmap Parameters アセット