Version: 2019.4
Wind Zone
ハイトマップの使用

草とその他のディテール

A Terrain might have grass clumps and other small objects (such as rocks) covering its surface. Unity renders these objects using textured quads or full Meshes, depending on the level of detail and performance you require. Grass and other details currently only work in the built-in render pipeline and Universal Render Pipeline (URP).

草を加えた Terrain
草を加えた Terrain

You can enable the Billboard property of a textured quad so that it automatically faces the camera. This is a very common way to achieve a good grass effect in game development.

For detail Meshes, you can set the Render Mode property as either Vertex Lit or Grass.

  • Vertex Lit を選択すると、風で動かない実際の法線を使用して Vertex-Lit (頂点ライト) のメッシュを作成します。
  • Grass を選択すると、風で動く Terrain の法線を使用して Vertex-Lit のメッシュを作成します。

ディテールを加える

草とディテールのペイントを有効にするには、ツールバーの Paint Details ボタンを選択します。

Terrain インスペクターの Paint Details
Terrain インスペクターの Paint Details

Initially, a Terrain has no grass or details available. In the Inspector, click the Edit Details button to display a menu with the Add Grass Texture and Add Detail Mesh options. Click either option to bring up a window that lets you choose Assets to add to the Terrain for painting.

Grass のウィンドウは以下のようになっています。

Add Grass Texture ウィンドウ
Add Grass Texture ウィンドウ

Detail Texture is the Texture that represents the grass. You can download Textures from the Asset Store, or create your own Textures. A Texture is a small image with alpha set to zero for the empty areas. Note that “Grass” is a generic term; it is possible for a Texture to represent flowers or man-made objects such as barbed wire coils.

Min Width (幅の最小値)、Max Width (幅の最大値)、Min Height (高さの最小値)、Max Height (高さの最大値) は、生成される草の塊のサイズの上限と下限を指定します。本物らしく見せるために、草はベアーパッチ (はげた部分) が散在するランダムなノイズまじりの模様で生成されます。

Noise Spread 値は、ベアーパッチと草の多いパッチのおおよそのサイズを制御します。値を大きくすると、指定した領域内のばらつきがさらに多くなります。ノイズは実際は パーリンノイズ アルゴリズムを使って生成され、Noise Spread は、Terrain とノイズ画像の X、Y 位置間に適用されるスケールを示します。草の別パッチは、周辺部よりも中心部でより “健康” になるように考慮されており、 Healthy Color (健康的な色) と Dry Color (乾燥色) で設定された色は草の健康度を示します。

最後に、Billboard オプションを有効にすると、草の画像は常に カメラ を向くように回転します。これは、草の密集した草原を表示したい場合に便利です。なぜなら、密集した草は 2 次元であり、側面から見えないからです。ただし、草がまばらな場合には、個別の草の塊が回転するのが判ってしまうので、奇妙な効果が発生してしまいます。

岩石などのディテールメッシュの場合、ウィンドウは次のようになります。

Add Detail Mesh ウィンドウ
Add Detail Mesh ウィンドウ

Use Add Detail Mesh to select a Prefab from your Project. Unity scales this randomly between the Min Width and Max Width values, and the Min Height and Max Height values. Unity uses width scaling for both the x and z axes, and height scaling for the y axis. The Noise Spread, Healthy Color and Dry Color values work the same as they do for grass.

You can set the Render Mode to Vertex Lit or Grass.

  • In Vertex Lit mode, Unity renders detail objects as solid, vertex-lit GameObjects in the Scene.
  • In Grass mode, Unity renders instances of detail objects in the Scene with lighting, in a way similar to grass.

  • 2019–11–25 Page amended

  • Added information about render pipelines

Wind Zone
ハイトマップの使用