Version: 2019.4
Audio Chorus Filter
Audio Low Pass Effect

Audio Effect

Audio Effect を適用することで、Audio Mixer コンポーネントの出力に変更を加えることができます。オーディオエフェクトはサウンドの周波数帯域にフィルターをかけたり、リバーブなどのエフェクトをかけることができます。

エフェクトを適用するには、Audio Mixer の該当セクションにエフェクトコンポーネントを追加します。コンポーネントの順序は大切です。それによってソースオーディオにエフェクトが適用される順序が決まるからです。例えば以下の画像では、Audio Mixer の Music セクションに、まず Lowpass エフェクトがかけられ、その後に Compressor エフェクト、Flange エフェクト等がかけられています。

コンポーネントの順序を変更するには、インスペクター上でコンテキストメニューを開いて Move UpMove Down コマンドを選択します。エフェクトコンポーネントを有効にするか無効にするかで、それが適用されるかどうかが決まります。

フィルタコンポーネントを有効/無効にするとことでフィルタをスキップすることができる。高度に最適化されているものの、いくつかのフィルタは、CPU 負荷が大きいです。Audio タブのプロファイラー のオーディオ CPU 使用率を監視することができます。

使用可能なエフェクトの種類とその詳細については、このセクションの他のページを参照してください。

Audio Chorus Filter
Audio Low Pass Effect