Version: 2020.3
Unity での AR 開発入門
XR プラグインフレームワーク

Unity での VR 開発入門

VR 開発を始めるには、XR Management を使用して ターゲットプラットフォーム SDK をロードし管理することを推奨します。XR プラグイン管理システムを使用してプロジェクトを設定する方法については、Unity プロジェクトを XR 用に設定 を参照してください。

Unity が対応するプラットフォーム

Oculus

  • Oculus Quest 用に開発している場合は、 Android ビルド ターゲット用の Oculus XR Plug-in をインストールしてロードする必要があります。
  • Oculus Rift と Rift S 用に開発している場合は、Windows ビルドターゲット用の Oculus XR Plug-in をインストールしてロードする必要があります。
  • 詳細は、Oculus 開発者 ドキュメント を参照してください。

OpenXR

  • OpenXR をサポートするヘッドセット向けに開発する場合は、OpenXR プラグインをインストールしてロードする必要があります。
  • 詳細は、OpenXR のドキュメントを参照してください。

入力と相互作用

Unity の XR Interaction Toolkit は、ゼロからインタラクションのコードを記述することなく、VR アプリケーションに相互作用性を加えることができます。このパッケージは、Package Manager からダウンロードすることができます。

Unity での AR 開発入門
XR プラグインフレームワーク