Version: 2019.4
Git URL からのインストール
ビルトインパッケージの無効化

インストールされたパッケージの削除

別のパッケージが必要としないパッケージのみを削除できます。

注意: これは、マニフェスト内のパッケージへの参照のみが削除されます。ローカルパッケージであっても、パッケージ自体は (そのコンテンツを含め) そのまま残ります。

プロジェクトからパッケージを削除すると、プロジェクトで実装されていたエディターやランタイム機能は使用できなくなります。

インストールしたパッケージを削除するには、以下の手順を行います。

  1. Package Manager ウィンドウを開きます。

  2. パッケージのスコープBuilt-in packages (ビルトインパッケージ) に設定されている場合は、 パッケージのスコープのドロップダウンから In Project (プロジェクト内) または All packages (すべてのパッケージ) を選択します。

    スコープを In Project に切り替えます。
    スコープを In Project に切り替えます。
  3. パッケージのリストから削除したいパッケージを選択します。すると、詳細ビューにそのパッケージ情報が表示されます。

  4. Remove ボタンをクリックします。

    詳細ビューの右下にある削除ボタン
    詳細ビューの右下にある削除ボタン

    プログレスバーが終了すると、 パッケージはリストから消えます。

  5. 削除したパッケージを復元したい場合は、パッケージのインストールの手順に従ってください。

Git URL からのインストール
ビルトインパッケージの無効化