Version: 2019.4
Physics 2D Raycaster
Touch Input Module

Standalone Input Module

このモジュールはコントローラー/マウスの入力が思い通りに動作するように設計されています。入力に反応して、ボタンの押下、ドラッグ、それに類似の動作のイベントが送信されます。

このモジュールはマウス/入力デバイスが移動するとき、ポインターイベントをコンポーネントに送信します。そして、Graphics RaycasterPhysics Raycaster を使って、現在、どの要素が指定したポインターデバイスによって指されているかを計算します。目的に応じて、これらのレイキャスターを設定して、シーンのある部分を検証したり無視したりすることが可能です。

モジュールは Input ウィンドウを通して追跡された入力に応答して移動のイベントと 送信/キャンセルのイベントを送信します。これは、キーボード入力とコントローラー入力の両方に使用できます。追跡された軸とキーはモジュールのインスペクターで設定可能です。

プロパティ

プロパティ 機能
Horizontal Axis 水平軸のマネージャー名を入力します
Vertical Axis 垂直軸のマネージャー名を入力します
Submit Button 送信ボタンのマネージャー名を入力します
Cancel Button キャンセルボタンのマネージャー名を入力します
Input Actions Per Second 1 秒間に可能なキーボード/コントローラーの入力数
Repeat Delay 1 秒毎の入力操作が繰り返されるまでの遅延時間 (秒単位)
Force Module Active これを有効にすると、この Standalone Input Module を強制的にアクティブにします。

説明

モジュールは以下を含みます。

  • キーボードとコントローラーナビゲーションの垂直 / 水平の軸
  • Submit/Cancel のイベントを送信する Submit / Cancel ボタン
  • 1 秒間に最大数のイベントを許可するために、イベントの間にタイムアウトがあります

モジュールの流れは以下のとおりです。

  • Input ウィンドウから有効な軸が入力された場合に、選択したオブジェクトに Move イベントを送信します
  • 送信/キャンセルのボタンが押されると、選択されているオブジェクトに送信/キャンセルのイベントを送信します
  • マウスの入力を処理します
    • 新しい押下の場合
      • PointerEnter イベントを送信します (ヒエラルキーに表示されていて、そのイベントを処理できるすべてのオブジェクトに送信されます)
      • PointerPress イベントを送信します
      • ドラッグハンドラー (それを処理できるヒエラルキーの最初の要素) をキャッシュします
      • BeginDrag イベントをドラッグハンドラーに送信します
      • イベントシステムで “押下された” オブジェクトを Selected (選択されたもの) として設定します
    • 押し続ける場合
      • 移動を処理します
      • DragEvent をキャッシュされたドラッグハンドラーに送信します
      • オブジェクト間でタッチ移動があれば PointerEnter と PointerExit イベントを処理します
    • 押下していたボタンをリリースする場合
      • PointerPress を取得したオブジェクトに PointerUp イベントを送信します
      • 現在マウスオーバーしているオブジェクトが PointerPress オブジェクトと同一であれば、PointerClick イベントを送信します
      • キャッシュされたドラッグハンドラーがある場合は Drop イベントを送信します
      • キャッシュしたドラッグハンドラーに EndDrag イベントを送信します
    • Scroll Wheel イベントを処理します
Physics 2D Raycaster
Touch Input Module