Version: 2019.4
Console ウィンドウ
Unity Test Framework

ログファイル

開発の際に、ビルドしたスタンドアロンプレイヤー、ターゲットデバイス、Package Manager、エディターなどのログから情報を取得したい場合があります。ログファイルは、何か問題が発生したときに、実際にどこで問題が発生したかを明確にするために役立ちます。

macOS では、Console.app ユーティリティを使って、プレイヤー、Package Manager、エディターのログにアクセスできます。

Windows では、Package Manager とエディターのログは、デフォルトでは Windows エクスプローラーに表示されないフォルダーに置かれます。ログがどこにあるかについては、以下を参照してください。

Package Manager

Package Manager のログを表示するには、Unity のログフォルダーに移動します。

オペレーティングシステム ログファイル
Linux ~/.config/unity3d/upm.log
macOS ~/Library/Logs/Unity/upm.log
Windows C:\Users\username\AppData\Local\Unity\Editor\upm.log

On macOS, you can also use the Console.app utility to find the log under the ~/Library/Logs/Unity folder.

On Windows, you can find the Editor log file in the local application data folder <LOCALAPPDATA>\Unity\Editor\Editor.log, where CSIDL_LOCAL_APPDATA defines <LOCALAPPDATA>.

エディター

To view the Editor log, open a Console Window (menu: Window > General > Console) and select Open Editor Log from the Console window menu.

オペレーティングシステム ログファイル
Linux ~/.config/unity3d/Editor.log
macOS ~/Library/Logs/Unity/Editor.log
Windows C:\Users\username\AppData\Local\Unity\Editor\Editor.log

On macOS, you can also use the Console.app utility to find the log under the ~/Library/Logs/Unity folder.

On Windows, you can find the Editor log file in the local application data folder <LOCALAPPDATA>\Unity\Editor\Editor.log, where CSIDL_LOCAL_APPDATA defines <LOCALAPPDATA>.

プレイヤー

オペレーティングシステム ログファイル
Linux ~/.config/unity3d/CompanyName/ProductName/Player.log
macOS ~/Library/Logs/Company Name/Product Name/Player.log
Windows C:\Users\username\AppData\LocalLow\CompanyName\ProductName\Player.log

Windows や Linux のスタンドアロンでは、ログファイルの場所を変更したり、ログを記録するのを止めたりすることができます。詳しくは、コマンドライン引数 のドキュメントを参照してください。

iOS

Xcode のデバイスログは GDB コンソール、または Organizer コンソールを通してアクセスできます。後者は Xcode デバッガーを通してアプリケーションを実行できなかった場合にクラッシュログを取得するのに便利です。

クラッシュや問題のデバッグについては、トラブルシューティングクラッシュバグのレポート のドキュメントを参照してください。

Android

デバイスのログにアクセスするには、logcat コンソール を使用します。これを使用するには、Android SDK/platform-tools ディレクトリの adb アプリケーションを、 logcat パラメーターを付けて起動します。

$ adb logcat

また、Android からログを取得するための UI インターフェースを提供する Package Manager を使って、Android Logcat パッケージを取得することもできます。

ユニバーサル Windows プラットフォーム

Device ログファイル
デスクトップ %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages<productname>\TempState\UnityPlayer.log
Windows Phone Windows Phone Power Tools で、Windows Phone のログを取得することができます。Windows Phone IsoStoreSpy は、便利なデバッグツールも多数用意されています。

WebGL

WebGL の場合、Unity はログ出力をブラウザーの JavaScript コンソール に書き込みます。

Windows でのログファイルへのアクセス

Windows Vista と Windows 7 では、Windows エクスプローラーの ツール > フォルダーオプション… > 表示 (タブ) で AppData フォルダーを表示できます。ツールメニューはデフォルトでは表示されていませんが、Alt キーを押すと表示されます。

Windows 10 の場合、AppData フォルダーを Windows エクスプローラーで表示するには、表示 > 表示/非表示 を選択し、隠しファイル オプションを有効にします。

Windows では、デフォルトでは標準の出力のストリームは存在しません。そのため、CI システムの子プロセスのように、有効に設定された stdout ストリームを使ってエディターを起動する必要があります。- を指定して stdout に出力を送信する場合、コンソールウィンドウには出力が表示されません。


  • Tizen サポートは [2017.3] で終了(https://docs.unity3d.com/2017.3/Documentation/Manual/30_search.html?q=newin20173) NewIn20173
Console ウィンドウ
Unity Test Framework