Version: 2019.4
Android の ネイティブ (C++) プラグイン
Android mobile scripting

Java や Kotlin のソースファイルをプラグインとして使用

Unity supports plug-ins for Android written in Java or Kotlin. This functionality allows you to add .java or .kt files into your Unity Project and they are compiled when you build an Android Player. Previously, you had to precompile these files as an Android library.

To compile the source files as a plug-in, follow these steps:

  1. Unityエディターを開きます。
  2. プラグインを追加するプロジェクトを選択します。
  3. In the Projects window, select the Assets folder and create a folder for your plug-in (you can drop directly to Assets, but for real project it’s better to use subfolder).
  4. ソースファイルをフォルダーにドラッグアンドドロップします。
  5. 各ファイルを選択します。
  6. Inspector ウィンドウの Select platforms for pluginAndroid のみが選択されていることを確認します。
  7. プロジェクトをビルドします。

Note: You can place your source files in any folder in your Project except in special use locations such as StreamingAssets. If you place files in these locations, the Unity Editor will not display the plug-in inspector. For additional information, see AAR plug-ins and Android Libraries.

プラグインのメソッドを呼び出すには、AndroidJavaObject クラスを使用します。詳細については、JARプラグイン の「ヘルパークラスを使って C# スクリプトから Java プラグインを使用する」を参照してください。

Symlink Sources

To enable direct referencing of the Java and Kotlin files in the exported gradle project and eliminte the need to manually copy the edited Java and Kotlin files from the exported gradle project to the Unity Project, enable Symlink Sources in the Build Settings window.


  • 2018–12–08 Added Symlink Sources option.
  • 2018–11–29 Page amended
  • 2018–09–07 Page published
  • 2018.2 でプラグインサポートを追加
Android の ネイティブ (C++) プラグイン
Android mobile scripting