Version: 2019.4
リフレクションプローブ
ライティングデータの生成

事前計算されたライティングデータ

Unity は事前にライティング計算を行い、結果をライティングデータとして保存できます。事前にライティングの計算を行う処理は、ベイク、または事前計算と呼ばれます。ベイクしたフローバルイルミネーションシステム (Baked Global Illumination) とリアルタイムグローバルイルミネーション (Realtime Global Illumination) システム (非推奨) は両方とも、ライティングデータを事前計算します。

このセクションでは、以下のトピックについて説明します。

リフレクションプローブ
ライティングデータの生成