Version: 2019.4
ライトマップの継ぎ目の縫合
Realtime Global Illumination using Enlighten (deprecated)

カスタムの減衰

現実の世界では、ライトは距離が離れるにしたがってフェードし、薄暗いライトは明るいライトよりも光域が狭くなります。「減衰」とは、光が弱まっていく割合を指します。Unity のデフォルトのライトの減衰の動作とともに、カスタムの減衰設定を使用することもできます。

プログレッシブライトマッパーはカスタムの減衰プリセットを提供し、スクリプトを通して実装することができます。これらがどのように動作するかを表す例は、表の下にある図を参照してください。また、図の下のコードサンプルは、機能の使用例です。

プロパティー 機能
InverseSquared 逆 2 乗距離減衰モデルを適用します。これは、ライトの強度が、光源の位置からの距離の 2 乗に反比例して減少することを意味します。詳細は、Wikipedia の逆 2 乗の法則 を参照してください。このオプションは物理的に最も正確です。
InverseSquaredNoRangeAttenuation 逆平方距離減衰モデルを適用します。滑らかな光域減衰はありません。これは InverseSquared と同じように動作しますが、ライティングシステムはパンクチュアルライト (つまり、ポイントライトとスポットライト) の range パラメーターの減衰を考慮しません。
Legacy 2 次方程式の減衰モデルを適用します。このモデルは、光源の光域のライトの減衰に基づいています。強度は、ライトが光源から遠ざかるにつれて減衰しますが、減衰が非常に鋭く不自然に低下し、視覚効果は現実的ではありません。
Linear リニアの減衰モデルを適用します。このモデルでは、減衰はライトからの距離に反比例し、減衰は光源から一定の割合で減少します。
各カスタム減衰プリセットの視覚効果の例
各カスタム減衰プリセットの視覚効果の例
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.Experimental.GlobalIllumination;
using UnityEngine.SceneManagement;

[ExecuteInEditMode]
public class ExtractFalloff : MonoBehaviour
{
    public void OnEnable()
    {
        Lightmapping.RequestLightsDelegate testDel = (Light[] requests, Unity.Collections.NativeArray<LightDataGI> lightsOutput) =>
        {
            DirectionalLight dLight = new DirectionalLight();
            PointLight point = new PointLight();
            SpotLight spot = new SpotLight();
            RectangleLight rect = new RectangleLight();
            LightDataGI ld = new LightDataGI();

            for (int i = 0; i < requests.Length; i++)
            {
                Light l = requests[i];
                switch (l.type)
                {
                    case UnityEngine.LightType.Directional: LightmapperUtils.Extract(l, ref dLight); ld.Init(ref dLight); break;
                    case UnityEngine.LightType.Point: LightmapperUtils.Extract(l, ref point); ld.Init(ref point); break;
                    case UnityEngine.LightType.Spot: LightmapperUtils.Extract(l, ref spot); ld.Init(ref spot); break;
                    case UnityEngine.LightType.Area: LightmapperUtils.Extract(l, ref rect); ld.Init(ref rect); break;
                    default: ld.InitNoBake(l.GetInstanceID()); break;
                }

          ld.falloff = FalloffType.InverseSquared;
                lightsOutput[i] = ld;
            }
        };

        Lightmapping.SetDelegate(testDel);
    }

    void OnDisable()
    {
        Lightmapping.ResetDelegate();
    }
}

プログレッシブライトマッパーは 2018.1 で追加 NewIn20181

2018–03–28 Page published

ライトマップの継ぎ目の縫合
Realtime Global Illumination using Enlighten (deprecated)