Version: 2019.4
Unity のインストール
Unity Hub

Unity 2019.4 のシステム要件

このページでは、サポートされているすべてのプラットフォームで Unity 2019.4 を実行するために必要な最低限のシステム要件を説明します。

  1. Unity エディターのシステム要件
  2. Unity Player のシステム要件

Unity エディターのシステム要件

このセクションでは Unity エディターを実行するための最低要件を説明します。実際のパフォーマンスとレンダリング品質は、プロジェクトの複雑さによって異なります。

最低要件 Windows macOS Linux (プレビューのサポート)
OS バージョン Windows 7 (SP1+) と Windows 10、64 ビット バージョンのみ Sierra 10.12.6 以降 Ubuntu 16.04、Ubuntu 18.04、CentOS 7
CPU SSE2 命令セットをサポートする X64 アーキテクチャ SSE2 命令セットをサポートする X64 アーキテクチャ SSE2 命令セットをサポートする X64 アーキテクチャ
グラフィックス API DX10、DX11、DX12 対応のGPU Metal 対応の Intel と AMD GPU OpenGL 3.2 以降か Vulkan 対応の NVIDIA と AMD GPU
追加要件 ハードウェアベンダーが正式にサポートしているドライバー Apple が公式にサポートしているドライバー X11 ウィンドウシステム、NVIDIA 公式プロプライエタリなグラフィックスドライバー、AMD Mesa グラフィックスドライバー上で動作する Gnome デスクトップ環境。サポートされている配布で提供されているその他の設定とユーザー 環境 (カーネル、コンポジターなど)。
    すべてのオペレーティングシステムで、Unity エディターはワークステーションやラップトップフォームファクターでサポートされ、エミュレーション、コンテナ 、互換性 レイヤーなしで実行できます 。

Unity Player のシステム要件

このセクションでは、Unity Player をビルドして実行するための最低要件を示します。実際のパフォーマンスとレンダリング品質は、プロジェクトの複雑さによって異なります。

モバイル

オペレーティングシステム Android iOS tvOS
Version 4.4 (API 19) 以降 10 以上 10 以上
CPU Neonサポート (32 ビット) のある ARMv7 または ARM64 A6/A6X SoC 以降 A8 SoC 以降
グラフィックス API OpenGL ES 2.0以降、OpenGL ES 3.0以降、Vulkan Metal、
OpenGL ES 2.0/3.0 (非推奨)
Metal、
OpenGL ES 2.0/3.0 (非推奨)
追加要件 1GB 以上の RAM
Sサポートされるハードウェアデバイスは、次のデバイスタイプに限定され、Google の Android 互換性定義 (Android Compatibility Definition) バージョン9.0 を満たすか超える必要があります。
1. ハンドヘルド (Section 2.2)
2. テレビ (Section 2.3)
3. タブレット (Section 2.6)
ハードウェアはネイティブで AndroidOS を実行している必要があります。コンテナまたはエミュレーター内の Android はサポートされません。
開発用: Android NDK (r19) と OpenJDK。これらは UnityHub によってデフォルトでインストールされます。
開発用: 最低限 macOS 10.12.6 と Xcode 9.4 以降を実行する Mac コンピューター Apple TV 第4世代以降

コンソール

PlayStation 4 (PS VRを含む)、Xbox One、Nintendo Switch については、Unity マルチプラットフォーム ページの コンソール向け Unity を参照してください。

デスクトップ

オペレーティングシステム Windows * ユニバーサル Windows プラットフォーム macOS Linux
OS バージョン Windows 7 (SP1+) と Windows 10 Xbox One、Hololens Sierra 10.12 以降 Ubuntu 16.04 と Ubuntu 18.04
CPU SSE2 命令セットをサポートする x86、x64 アーキテクチャ SSE2 命令セットをサポートする x86、x64 アーキテクチャ、ARM、ARM64 SSE2 をサポートする x64 アーキテクチャ SSE2 命令セットをサポートする x64 アーキテクチャ
グラフィックス API DX10、DX11、DX12 対応 DX10、DX11、DX12 対応の GPU Metal 対応の Intel と AMD GPU OpenGL 3.2 以降、Vulkan 対応
追加要件 ハードウェアベンダーが正式にサポートしているドライバー ハードウェアベンダーが正式にサポートしているドライバー
開発用: Windows 10 (64 ビット)、C++ ツールコンポーネントをもつ Visual Studio 2015 以降、Windows 10 SDK
Apple が正式にサポートするドライバー X11 ウィンドウシステム上で動作する Gnome デスクトップ環境
サポートされている配布で提供されているその他の設定とユーザー 環境 (カーネル、コンポジターなど)。
NVIDIA 公式の専用グラフィックスドライバーまたは AMD Mesa グラフィックスドライバーを使用する NVIDIA と AMD の GPU。
    すべてのオペレーティングシステムで、Unity Player はワークステーション、ラップトップ、タブレットのフォームファクターでサポートされ、 エミュレーション、コンテナ 、互換性レイヤーなしで実行できます 。

Stadia

ゲームを Stadia プラットフォームに導入したい Unity 開発者は、まず Google の Stadia 開発者ウェブサイト で開発リソースを申請する必要があります。

サーバープラットフォーム

オペレーティングシステム Windows macOS Linux
OS バージョン エミュレーションまたは互換性なしでワークステーションとラックのフォームファクターで実行する Windows 7 (SP1 以降) および Windows 10 エミュレーションや互換性レイヤーなしで、ワークステーションとラックのフォームファクターで動作する Sierra 10.12 以降 エミュレーションや互換性レイヤーなしで、ワークステーションとラックのフォームファクターで動作する Ubuntu 16.04 と 18.04
CPU SSE2 命令セットをサポートする x86、x64 アーキテクチャ SSE2 命令セットをサポートする x64 アーキテクチャ SSE2 命令セットをサポートする x64 アーキテクチャ
GPU 明示的な GPU サポートはありません。
追加要件 ハードウェアベンダーが正式にサポートしているドライバー

WebGL

ブラウザーを実行するオペレーティングシステム Windows、macOS、Linux
ハードウェア ワークステーションとラップトップのフォームファクター
追加要件 Chrome、Firefox、Safari のバージョン:
- WebGL 1.0 か 2.0 使用可
- HTML 5 標準仕様
- 64 ビット
- WASM 使用可

XR プラットフォームのシステム要件

XR Management パッケージ を使用した Unity XR プラグインアーキテクチャ への移行の一環として、ビルトインのプラットフォームパッケージは Unity2019.3 以降のバージョンで非推奨になります。

これらの実装は引き続き機能し、Unity Package Manager で使用できますが、バグや問題の優先順位が低く、パッケージは将来のリリースで削除される可能性があります。

Unity 2019.3 以降での Google Daydream/Cardboard、OpenVR、Vuforia のサポートオプションについては、XR プラグインアーキテクチャ ページを参照してください。

Oculus

ハードウェア Oculus Rift/Rift S Oculus Go Oculus Quest Samsung Gear VR
OS バージョン Windows 10 Android Android Samsung Android 5.0/Lollipop 以降
CPU Intel 64 ビット ARM 64 ビット (Snapdragon 821) ARM 64 ビット (Snapdragon 835) ARM 64 ビット (Snapdragon 821)
GPU NVIDIA GTX 1050Ti/AMD Radeon RX 470 以降 該当なし
グラフィックス API DX11 OpenGL ES 3.0 以降 OpenGL ES 3.0、Vulkan* OpenGL ES
追加要件 * Oculus Quest の Vulkan サポートは実験的な機能です。
詳細は Oculus XR Plugin パッケージのドキュメント を参照してください。

Windows Mixed Reality

ハードウェア WMR Immersive (VR) HoloLens HoloLens 2
OS バージョン Windows 10 RS4 Embedded Windows 10
CPU Intel 64 ビット Intel Atom ARM 64 ビット
(Snapdragon 850)
グラフィックス API DX11
追加要件 サポートされている SDK バージョン: 10.0.17134.0
XR ManagementWindows XR Plugin パッケージを使用します。

Magic Leap

オペレーティングシステム Magic Leap One
OS バージョン Lumin OS
CPU Nvidia Tegra X2
GPU 該当なし
グラフィックス API OpenGL ES 3.2 以降
追加要件 サポートされている最新のSDKバージョン: 0.18.0

ARCore

オペレーティングシステム Android 携帯
OS バージョン 7
CPU ARM 64 ビット
グラフィックス API OpenGL ES
追加要件 サポートされる最新のSDKバージョン: 1.9

ARKit

オペレーティングシステム iPhone と iPad
OS バージョン iOS 11
CPU A9 以降
グラフィックス API Metal
追加要件 サポートされている最新の SDK バージョン: ARKit 3 beta

その他のシステム要件に関する注意

Windows 7 をサポートする Unity エディターやプレイヤーに関しては、Microsoft による Windows 7 のサポートが 2020 年 1 月 14 日で終了することに注意してください。

Unity のインストール
Unity Hub