Version: 2022.1
スプライトアトラス
バリアントスプライトアトラス

マスターとバリアントのスプライトアトラス

The Type property defines whether a Sprite Atlas is a ‘Master’ or a ‘Variant’. Sprite Atlases are created as Master types by default. Set their Type to ‘Variant’ to create a Variant Atlas.

A Variant Atlas requires a Master type Sprite Atlas to be set in its Master Atlas property. The Variant Atlas receives a copy of the Master Atlas’s contents to use as its own. Refer to documentation on Variant Sprite Atlas for more details about how to create and use Variant Sprite Atlases.

スプライトアトラスの Type が ‘Variant’ に設定されている場合、以下のプロパティが表示されます。

プロパティ 説明
タイプ Set the Atlas’s Type to Variant to reveal the following properties.
Master Atlas A Variant Atlas receives a copy of its Master Atlas’ contents to use as its own. Assign a Sprite Atlas to this property to make it the Master Atlas of the currently selected Variant Atlas. The Master Atlas cannot be a Variant Atlas itself.
Include in Build このボックスをチェックすると、スプライトアトラスを現在のビルドに加えます。このオプションはデフォルトで有効です。
Scale バリアントスプライトアトラスのスケール係数を 0.1 から 1 の範囲で設定します。バリアントアトラステクスチャのサイズは、マスターアトラスのテクスチャに Scale 値を乗算した値です。Scale のデフォルト値と最大値は 1 で、バリアントアトラステクスチャはマスターアトラスのテクスチャと同じままです。
スプライトアトラス
バリアントスプライトアトラス