Version: 2022.1
言語: 日本語
依存関係と競合の解決
コンフィギュレーション

グローバルキャッシュ

When the Unity Package Manager downloads package contents and metadata from a registry, it stores them in a global cache. This makes reusing and sharing packages more efficient, and allows you to install and update stored packages even when offline.

Note: The global cache doesn’t include packages in the .unitypackage format that come the Asset Store. The Package Manager stores these types of packages in a separate cache. For more information, see Asset Store packages.

保存場所

デフォルトでは、Unity はグローバルキャッシュをルートディレクトリに保存します。ルートディレクトリは、オペレーティングシステムに依存します (Windows の場合はユーザーアカウントの種類にもよります)。

オペレーティングシステム デフォルトルートディレクトリ
Windows (ユーザーアカウント) %LOCALAPPDATA%\Unity\cache
Windows (システムユーザーアカウント) %ALLUSERSPROFILE%\Unity\cache
macOS $HOME/Library/Unity/cache
Linux $HOME/.config/unity3d/cache

Tip: You can override the location of this root directory. See Customize the global cache location for more information.

構造

The Package Manager global cache uses two different subsidiary caches, each serving a different purpose. The Package Manager stores these subsidiary caches in subdirectories under the folder of the global cache:

サブフォルダー 説明
npm npm プロトコルを使ってレジストリから取得したデータを保存します。これには、パッケージのメタデータとパッケージの .tgz ファイル が含まれます。
packages このキャッシュには、レジストリから取得した .tgz ファイルの圧縮されていないコンテンツが含まれています。

Inside each of these subfolders, each registry has its own path so that packages hosted on different registries aren’t mixed up.

Tip: You can override the location of these folders. See Customize the global cache location for more information.

要件

The user account running the Unity Editor process must have full write permissions on the root directory and its contents. Without these permissions, the Package Manager can’t download and save the package metadata and contents in the cache.


依存関係と競合の解決
コンフィギュレーション