Version: 2022.1
ビルトインパッケージの無効化
Asset Store パッケージのインポート

別のパッケージバージョンへの変更

The information on this page applies only to packages installed from the Unity Registry, a scoped registry, or from a local source.

Note: To update packages installed from a Git URL, you can use any of the following methods:

パッケージの更新は、In ProjectUnity RegistryMy Registries のいずれかで行うことができます。

  1. Open the Package Manager window and select In Project from the Packages menu.

    コンテキストを In Project に切り替えます
    コンテキストを In Project に切り替えます

    An arrow icon () appears next to any packages that have updates available.

  2. パッケージのリスト から更新したいパッケージを選択します。パッケージ情報は 詳細ビュー に表示されます。

  3. ロックアイコン () は、このパッケージとバージョンが、インストールされた機能セットにロックされていることを示します。パッケージのロックを解除して別のバージョンを選択するには、Unlock ボタンをクリックします。

    Note: The package is temporarily unlocked. If you change to a different list context, or close either the Package Manager or the Editor, the package reverts to a locked state again. However, if you switch versions when the package is unlocked (for example, with the Add package by name method), the package stays unlocked.

  4. パッケージのリスト で、パッケージ名の左側にある折りたたみアイコンをクリックします。

    Currently installed (現在インストールされている) と Recommended (推奨) のみが利用可能です。
    Currently installed (現在インストールされている) と Recommended (推奨) のみが利用可能です。

    ノート: パッケージを表示した際に See other versions のリンクが表示される場合、それをクリックするとそのパッケージで利用可能なすべてのバージョンが列挙されます。

  5. 現在のパッケージのバージョンを選択すると、詳細ビュー でそのバージョンの詳細を確認できます。

    詳細ビューの右下にある Update to ボタン
    詳細ビューの右下にある Update to ボタン
  6. Update to ボタンをクリックします。

    プログレスバーが終了すると、新しい機能がすぐに利用できます。

ノート:


ビルトインパッケージの無効化
Asset Store パッケージのインポート