ゲームの作成
ゲームオブジェクト

Scenes

シーン には、ゲームのオブジェクトが含まれています。シーンを使用して、メインメニュー、個々のレベルなどを作成できます。1 つのシーンファイルは 1 つのレベルとして考えてください。各シーンでは、環境や障害物、装飾を配置し、主にゲームを細かく設計および作成します。

デフォルトの 3D オブジェクトの Main Camera、Directional Light が配置された新規シーン
デフォルトの 3D オブジェクトの Main Camera、Directional Light が配置された新規シーン

新規 Unity プロジェクトを作成したとき、シーンビューには新規シーンが表示されます。これは 無題で、 保存されていない シーンです。シーンにはデフォルトオブジェクトを除いて何もありません。デフォルトオブジェクトとは、平行投影か透視投影設定のカメラと Directonal Light のことです。カメラはプロジェクトを 2D と 3D モードのどちらで始めたかによります。

シーンの保存

現在作業しているシーンを保存するには、 File > Save Scene を選択するか、 Ctrl/Cmd + S キーを押下してください。

シーンはアセットとしてプロジェクトの Assets フォルダーに保存されます。そのため他のアセットと同様に Project Window に表示されます。

シーンアセットがいくつか並んでいる様子。プロジェクトビューに保存、表示されています
シーンアセットがいくつか並んでいる様子。プロジェクトビューに保存、表示されています

シーンを開く

シーンを開くには Project Window でシーンアセットをダブルクリックしてください。

現在のシーンで保存されていない部分があれば、変更点を保存するか破棄するかを勧められます。

マルチシーン編集

複数のシーンを同時に編集するために開くことができます。詳細は Multi-Scene Editing を参照してください。

ゲームの作成
ゲームオブジェクト