パーティクルシステムモジュール
Emission モジュール

メインモジュール

Particle System モジュールにはシステム全体に影響するグローバルプロパティーがあります。メインモジュールは、インスペクターウィンドウの右にある白いアイコンをクリックすると開きます。

インスペクターのモジュールに表示されている名前は、実際に Particle System コンポーネント がアタッチされているゲームオブジェクトの名前です。

プロパティー

プロパティー 機能
Duration システムが動作する時間の長さ
Looping 有効であれば、システムは Duration の時間の終了時に再び始まり、サイクルを繰り返し続けます。
Prewarm 有効であれば、システムがすでにサイクルを完全に完了していても初期化されます。( Looping 有効時のみ動作します)
Start Delay 有効にすると、システムがパーティクルの放出を始める前に数秒遅延します。
Start Lifetime パーティクルの最初の生存期間
Start Speed 任意の方向への各パーティクルの初速
3D Start Size それぞれの軸のサイズを別々に制御したい場合は、これを有効にします。
Start Size 各パーティクルの最初のサイズ
3D Start Rotation それぞれの軸の回転を別々に制御したい場合は、これを有効にします。
Start Rotation 各パーティクルの最初の回転角度
Randomize Rotation Direction いくつかのパーティクルを反対方向にスピンさせます。
Start Color 各パーティクルの最初の色
Gravity Modifier 物理マネージャーで設定されている重力値の大きさ。値を 0 にすると無重力になります。
Simulation Space パーティクルを親オブジェクトのローカル座標で動かすか(そして、その場合は親オブジェクトと一緒に動く)、または、ワールド座標で動かすかを切り替えます。
Scaling Mode トランスフォームからのスケールを使用する。Hierarchy、Local、Shape のいずれかに設定する。Local はパーティクルシステム トランスフォーム スケール のみ適用する。Shape はパーティクルの開始位置にスケールだけを適用する。
Play on Awake 有効にすると、オブジェクトが生成されたときにパーティクルシステムが自動的に開始します。
Max Particles そのシステムの中で、一度に存在できるパーティクルの最大数を決める。前に生成されていたパーティクルは限界数に到達すると削除される

プロパティーの説明

システムが特定の間パーティクルを放出します。Looping プロパティーを使用して継続的に放出するように設定することが可能です。これにより、パーティクルを断続的に、または、継続的に放出させることができます。例えば、オブジェクトがプーっと短く水蒸気を噴き出したり、または、常に水蒸気を出している、などのように制御できます。

Start” プロパティー (lifetime, speed, size, rotation, color) は放出されるパーティクルの状態を指定します。3D Start Size プロパティーを使って、パーティクルの幅、高さ、深度を個別に指定できます (後出の 個別設定可能なパーティクルの拡大縮小 を参照してください)。

すべてのパーティクルシステムは Physics 設定で指定した Gravity (重力) ベクターを使います。Gravity Modifier の値は、Gravity を増減するのに使用され、0 にするとこの機能は無効になります。

The Inherit Velocity and Simulation Space properties together determine whether the particles move with the Particle System parent object or independently in the game world. For example, systems like clouds, hoses and flamethrowers will need to be set independently of their parent object, as they tend to leave trails that persist in the world space even if the object producing them moves around. On the other hand, if particles are used to create a spark between two electrodes, the particles should move along with the parent object.

個別設定可能なパーティクルの拡大縮小

3D Start Size プロパティーで、パーティクルの幅、高さ、深度を個別に指定することができます。Particle System のメインモジュールで 3D Start Size チェックボックスをクリックし、パーティクルの最初の値 X (幅)、Y (高さ)、 Z (深度) を入力します。Z (深度) は、3D メッシュパーティクルだけに適用されます。このプロパティーでランダムの値 - 2 つの定数間の値 (Random Between Two Constants) か 2 つのカーブ間の値 (Random Between Two Curves) - を設定することも可能です。

Particle System のメインモジュールでパーティクルの最初のサイズを設定でき、パーティクルのライフタイムのサイズも Size over Lifetime モジュールの Separate Axes オプションを使って設定することができます。Size by Speed モジュールの Separate Axes オプションを使って、スピードに関連付けたパーティクルサイズも設定できます。

パーティクルシステムモジュール
Emission モジュール