Color Correction Ramp Texture
コントラストエンハンス

カラー コレクション ルックアップ テクスチャ

Color Correction Lut (LutLookup テクスチャ の略) はポストエフェクトでカラーグレーディングを行う最適化された方法です。カラーコレクションカーブ のカーブをとおして個々のカラーチャンネルを微調整するかわりに、1 つのテクスチャのみ用いて画像を補正します。ルックアップテクスチャのアドレス解決をするために、元の画像の色をベクトルとして使用してルックアップを行います。

長所は、パフォーマンスが向上することと、すべての色変換を専門の画像操作ソフト (Photoshop や GIMP など) で定義して正確な結果が得られる、より専門的なワークフローにできることです。

中間色でのカラーコレクションを適用したシンプルなシーン
中間色でのカラーコレクションを適用したシンプルなシーン
ContrastEnhanced ルックアップテクスチャを使用した同じシーン
ContrastEnhanced ルックアップテクスチャを使用した同じシーン

他のイメージエフェクトのように、使用する前に Standard Assetsをインストールする必要があります。

プロパティー

プロパティー: 説明:
Based On 補正画像を生成するために使用される3D ルックアップテクスチャの2D 表現。

ルックアップ テクスチャの要件

2D テクスチャ表現は、特定のレイアウトにて展開されたときにボリュームをもったテクスチャである必要があります(デプスをもった連続した画像断面のイメージ)。

次の画像は、画像のコントラストを効果的に高める展開されたテクスチャを例示しています。これは Standard Packages に含まれています。

画像は、16x16x16カラールックアップテクスチャ(LUT)を用いて、256x16の次元のテクスチャが表示されます。結果の品質が低すぎる場合、1024x32テクスチャがよりよい結果となります。(メモリ消費が大きくなります)
画像は、16x16x16カラールックアップテクスチャ(LUT)を用いて、256x16の次元のテクスチャが表示されます。結果の品質が低すぎる場合、1024x32テクスチャがよりよい結果となります。(メモリ消費が大きくなります)

テクスチャのインポートに必要な要件には、読み取り/書き込みサポートを有効にすることと、テクスチャ圧縮を無効にすることが含まれています。そうしない場合は、不要な画像の乱れが発生しやすくなります。

ワークフロー例

常に基本となるルックアップ テクスチャを準備できるようにし、これをその後の補正に使用する LUT を生成するためのベースとします。

  • ゲームのスクリーンショットを撮ります

  • Photoshop などグラフィックスエディターにインポートし、満足のいく結果になるまで色調整(コントラスト、明るさ、カラーレベル調整など)をします

  • 中間色の LUT に同じ手順を実行して、新しい LUT として保存します

  • エフェクトに新しい LUT を割り当て Convert & Apply を押します

ハードウェアサポート

このエフェクトには 3D テクスチャサポートのあるグラフィックスカードが必要です。

  • PC: 一般的にすべての GPU。ただし、2006 年以前に作成された古いものは除きます。
  • モバイル: OpenGL ES 3 か Metal が必要です。OpenGL ES 2 では 3D テクスチャは利用できません。
  • コンソール: すべてのコンソールはこの機能に適応しています。

エンドユーザーのグラフィックスカードで実行できないとき、すべてのイメージエフェクトは自動的に無効になります。

Color Correction Ramp Texture
コントラストエンハンス